Slack のスラッシュコマンド

Slack において、スラッシュコマンドは特定のアクションのショートカットとして機能します。ワークスペースで使用できるスラッシュコマンドには、次の 3 つのタイプがあります。

注意 : デフォルトでは、全メンバーがスラッシュコマンドを使用できます。必要に応じて、ワークスペースのオーナーは、マルチチャンネルゲストのアクセス制限を選択できます。


スラッシュコマンドを使用する

スラッシュコマンドを使用するには、メッセージフィールドに / と入力します。または、
メッセージフィールドの左側にある 「稲妻」アイコンをクリックして、ショートカットメニューを開きます。使用するスラッシュコマンドを探して、メッセージを送信します。


組み込みのスラッシュコマンド

スラッシュコマンド アクション
/archive 現在開いているチャンネルをアーカイブする
/collapse チャンネル内でインライン表示されている画像やビデオをすべて折りたたむ (/expand コマンドの逆)
/dm [@メンバー] 1 人のメンバーにダイレクトメッセージ(DM)を送信する
/expand チャンネル内の画像やビデオをすべて展開してインライン表示する (/collapse コマンドの逆)
/feed help [または subscribe・list・remove など]  RSS フィード管理 (ヘルプ・購読・リスト・削除など)
/invite @メンバー [#チャンネル] メンバーをチャンネルに招待する 
/msg [#チャンネル名]

チャンネルへメッセージを送信する 

/remind [@メンバーまたは #チャンネル] to [何を] [いつ] メンバーやチャンネルのためにリマインダーを設定する
/remind help リマインダーの設定方法について詳細を確認する
/remind list 自分が設定したリマインダーのリストを表示する
/remove (または /kick) @メンバーの表示名 現在のチャンネルからメンバーを外す*
/rename [新しいチャンネル名] チャンネル名を変更する*
/search [任意のワード]**  Slack のメッセージやファイルを検索する 
/shrug [メッセージ] メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する
/status ステータスを削除、または新しく設定する
/topic [テキスト] チャンネルのトピックを設定する

*このアクションはワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者のみに制限することが可能です

**一部の Slack モバイルアプリではご利用いただけません