Slack でワークフローを設定する

誰がこの機能を利用できますか?
  • メンバー全員 (デフォルト)
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフローとは、複数のステップで構成される自動化されたタスクまたはプロセスです。コーディングの必要はありません。ワークフローは自分の Slack ワークスペースで開始されます。Slack で直接実行することも、他のツールやサービスと連携させることもできます。

デフォルトでは、有料プランを利用している Slack ワークスペースのメンバーなら誰でも、ワークフロービルダーを使ってカスタムのワークフローを作成できます。ただし、オーナーや管理者はワークフロービルダーへのアクセスを制限することができます。このオプションが表示されない場合は、オーナーまたは管理者に問い合わせてください。

Tip : チュートリアルを始める前に、ワークフロービルダーガイドを読んでください。

学習内容


ワークフローを設定する

まず最初に、ワークフローの名前を決めるように求められますが、もっと重要なのが、ワークフローの開始方法を決めることです。

トリガーを選択する

ワークフローでどのトリガーを選ぶかによって、ワークフローの開始方法が決まります。ワークフローはチャンネルに固有で、選んだチャンネルだけで使用できます。

トリガー 簡単に説明すると:
 ショートカットメニュー メンバーの誰かがショートカットからこのワークフローを選択すると、ワークフローが開始します。 
 チャンネルの新しいメンバー チャンネルにメンバーが参加するとこのワークフローが自動的に開始します。
 絵文字リアクション チャンネルのメンバーがメッセージに特定の絵文字リアクションを追加すると、このワークフローが自動的に開始します。
 スケジュールされた日時 設定した日時にこのワークフローが自動的に開始します。
 Webhook* 別のアプリやサービスからカスタム Webhook が Slack にウェブリクエストを送信すると、このワークフローが自動的に開始します。

*Webhook を使用するワークフローを作成するには、技術的な専門知識が必要です。


ショートカットメニューにあるワークフローには、チャンネルのメンバーが簡単にアクセスでき、いつでも使用できます。他のトリガーを使用して自動的に開始されるワークフローは、コンテキストに応じて動作するので、ワークフローを開始するアクションのコンテキストを考えましょう。メンバーがワークフローが開始するとは思っていないこともあるので注意が必要です。


ワークフローをカスタマイズする

トリガーを選択したら、ワークフローを使用するチャンネルを選びます。チャンネルを選ぶと、ワークフローをさらにカスタマイズするように求められます。ここで設定する内容は、選択したトリガーによって変わります。 


学んだことを実践する

次の手順に従って、ワークフロービルダーを開き、ワークフローを設定してみましょう。

ステップ 1 : ワークフロービルダーを開く

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択します。
  3. 「ワークフロービルダー」を選択すると、新しいウィンドウが開きます。


ステップ 2 : ワークフローの名前とトリガーを選択する

  1. ワークフロービルダーの右上の「作成」をクリックします。 
  2. ワークフローの名前を入力して「次へ」をクリックします。 
  3. 使用したいトリガーの横にある「選択する」をクリックします。 


ステップ 3 : ワークフローの設定を完了する

選択したトリガーに必要な手順に従って、ワークフローを設定するチャンネルを選択し、設定を完了します。

ショートカット

チャンネルの新しいメンバー

絵文字 

日時

  1. ドロップダウンメニューからチャンネルを選択します。
  2. ワークフローに短い名前を追加します。この名前がショートカットメニューに表示されます。
  3. 「次へ」をクリックします。
  1. ドロップダウンメニューからワークフローを設定するチャンネルを選択します。
  2. 「次へ」をクリックします。
  1. ドロップダウンメニューからワークフローを設定するチャンネルを選択します。
  2. 「リアクションを追加する」をクリックします。
  3. ワークフローのトリガーにする絵文字を検索して選択します。
  4. 次へをクリックします。
  1. ドロップダウンメニューから日付を選択し、ワークフローを開始する時刻を選択します。
  2. 「頻度」ドロップダウンメニューを開き、ワークフローを実行する頻度を選択します。
  3. 次へをクリックします。 


カスタムのワークフローアイコンを追加する

  1. ワークフロービルダーでワークフローを開きます。
  2. 画面上部の「設定」タブをクリックします。
  3. ワークフローのアイコンの横にある「編集」をクリックします。
  4. 「ファイルを選択」を選択して、ファイルをアップロードします。
  5. 必要に応じて、アイコンをトリミングします。
  6. 「保存」をクリックします。 


次のテーマ : ワークフローにステップを追加する

設定が完了しました。次は、ワークフローの主なコンポーネントである「ステップ」について詳しく学びましょう。ワークフローのステップは指定した順序で表示され、Slack 内で情報を収集したり、Slack 内で、または別のサービスに情報を送信したりするために使用されます。