ビルトインのスラッシュコマンドを使用する

Slack において、スラッシュコマンドは特定のアクションのショートカットとして機能します。メッセージフィールドにスラッシュコマンドを入力して、Enter キーを押すだけで操作は完了です。シンプルなステップ 1 つでタスクを実行できます!

ワークスペースで利用可能なスラッシュコマンドを確認したいときは、チャンネル内またはダイレクトメッセージ内で / と入力すれば、カスタムコマンドも含め、利用可能なコマンドすべての一覧を表示することができます。


利用可能なスラッシュコマンド

*モバイルアプリでは利用できません。

スラッシュコマンド アクション
/apps* App ディレクトリで Slack のアプリを検索する
/archive 現在開いているチャンネルをアーカイブする
/away* ログイン状態を切り替える (離席中 ⇄ アクティブ)
/collapse チャンネル内でインライン表示されている画像やビデオをすべて折りたたむ (/expand コマンドの逆)
/dnd [時間設定テキスト]  おやすみモードを開始または終了する
/expand チャンネル内の画像やビデオをすべて展開してインライン表示する (/collapse コマンドの逆)
/feed help [または subscribe・list・remove など]  RSS フィード管理 (ヘルプ・購読・リスト・削除など)
/feedback [任意のテキスト]  Slack にフィードバックまたはヘルプリクエストを送信する 
/invite @メンバー [#チャンネル] メンバーをチャンネルに招待する 
/join [#チャンネル] チャンネルを開きメンバーになる
/leave (または /close か /part) チャンネルを退出する
/me [任意のテキスト] 文字を斜体にする。例えば、「/me ダンスを踊る」と入力すると、「ダンスを踊る」と表示されます。
/msg [#チャンネル] (または /dm @メンバー) [メッセージ] 

メッセージをチャンネルに送信する、または他のメンバーにダイレクトメッセージを送信する 

/mute チャンネルをミュートする (すでにミュートされている場合はそれを解除する)。デスクトップでは、/mute を使ってスレッドのフォローを解除することもできます。
/open [#チャンネル] チャンネルを開く
/remind [@メンバーまたは #チャンネル] to [何を] [いつ] メンバーやチャンネルのためにリマインダーを設定する
/remind help リマインダーの設定方法について詳細を確認する
/remind list 自分が設定したリマインダーのリストを表示する
/remove (または /kick) @メンバーの表示名 現在のチャンネルからメンバーを外す。このアクションはワークスペースのオーナーと管理者のみに制限することが可能です。
/rename [新しい名前] チャンネル名を変更する (管理者のみ利用可)
/search [任意のワード]*  Slack のメッセージやファイルを検索する 
/shortcuts*  キーボードショートカットのメニューを表示する 
/shrug [メッセージ] メッセージの最後に ¯\_(ツ)_/¯ を挿入する
/status ステータスを削除、または新しく設定する
/topic [テキスト] チャンネルのトピックを設定する
/who 現在のチャンネルに参加しているメンバーのリスト (最大 100 人) を表示する

Slack を別の言語で使いたい?スラッシュコマンド (例 : /remind 等) の機能は選択した言語によっては異なる場合があります。

注意 : 共有チャンネルに追加されたスラッシュコマンドを使用できるのは、このコマンドをインストールしたワークスペースのメンバーのみです。

この機能を使えるのは誰?
  • デフォルトでは、メンバーがこの機能を使用できます。ワークスペースのオーナーは、マルチチャンネルゲストのアクセス制限を選択できます。
  • フリー、スタンダード、プラスEnterprise Grid の各プラン