Enterprise Grid のアプリにオーガナイゼーションポリシーを設定する

この機能を使えるのは誰?
  • OrG オーナー 
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

デフォルトでは、OrG メンバーはワークスペースにどんなアプリでもインストールすることができます。OrG オーナーは所有 OrG のすべてのワークスペースにポリシーを設定して、アプリのインストールと使用を管理できます。

設定による影響

OrG オーナーが管理者ダッシュボードからポリシーを有効にすると、そのポリシーは OrG 内のすべてのワークスペースに適用されます。OrG オーナーはワークスペース全体でアプリを管理するために、次のポリシーを設定できます。

  • アプリの管理
    事前承認されたアプリをメンバーがインストールし、使用できるようにします。このポリシーを設定すると、OrG 内のすべてのワークスペースで ワークスペースレベルでアプリを管理l できるようになります。ワークスペースのオーナーと アプリの管理者 は所属ワークスペースのためにアプリのリクエストを承認する責任があるのに対し、OrG オーナーは OrG 全体のためにアプリを承認または制限 できます。
  • App ディレクトリからのインストール
    メンバーに Slack App ディレクトリからのアプリのみインストールを許可します。
  • Slack アカウントを使ったサインインの制限
    メンバーに Slack アカウントを使ったサードパーティ製アプリへのサインインを許可します。このポリシーを設定するには、基本的なプロフィールとワークスペースの情報を表示する権限をサードパーティに付与する必要があります。 
  • ゲストのアプリ使用制限
    マルチチャンネルゲストによる参加チャンネル内でのスラッシュコマンドアクションの使用を許可します。 

 

アプリに Org ポリシーを設定する 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーから「設定」をクリックし、「OrG ポリシー」を選択します。 
  4. ページ上部の「アプリ」タブをクリックします。 
  5. アプリのポリシーの横にある 「ポリシーの追加」をクリックします。 
  6. ポリシーの説明の横にあるボックスにチェックマークを入れ 「ポリシーを保存する」 をクリックします。
  7. 「ポリシーを作成」 をクリックします。  

注意 : OrG 内のすべてのワークスペースにアプリの管理ポリシーを設定しない場合でも、ワークスペースのオーナーは管理を担当するワークスペースでこの設定を有効にすることができます。