Enterprise Grid のアプリにオーガナイゼーションポリシーを設定する

デフォルトでは、Enterprise Grid オーガナイゼーションのメンバーは、参加中のワークスペースに好きなアプリを自由にインストールできます。OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースにオーガナイゼーションポリシーを設定し、アプリのインストールと使用を管理できます。

今後の予定

  • アプリ管理ポリシーを設定すると、OrG のすべてのワークスペースに対して、アプリの承認を有効にできます。アプリの承認が有効になっている場合、メンバーは自分のワークスペースで承認されたアプリのみを使用できます。
  • OrG オーナーは、OrG 全体に対してアプリを承認または制限できます。ワークスペースのオーナーとアプリ管理者には、管理しているワークスペースのアプリのリクエストを確認する責任があります。
  • OrG オーナーは、OrG ポリシーを設定して、メンバーが Slack App ディレクトリからアプリをインストールするように制限できます。さらに、マルチチャンネルゲストがアプリのショートカットスラッシュコマンドを使用できるかどうかを決定することもできます。


OrG にアプリ管理ポリシーを設定する

以下の手順に従って、OrG 内のすべてのワークスペースでアプリの承認を有効にします。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーから 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. ページ上部の「アプリ」タブをクリックします。
  5. 「アプリの管理」の横の「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. 「アプリの承認が必要」の横のボックスにチェックを入れます。
  7. 「ポリシーを保存する」を選択します。さらに、「ポリシーの作成」をクリックします。

注意 : OrG にアプリ管理ポリシーを設定しない場合でも、ワークスペースのオーナーは、管理しているワークスペースでアプリの承認を有効にすることができます。

「Slack でサインインする」権限を管理する

一部のサードパーティ製アプリには、Slack アカウントの認証情報でサービスにサインインできるオプションがあります。デフォルトでは、ワークスペースのオーナーは、メンバーが自分の Slack アカウントでほかのサービスにサインインできるかどうかを選択できます。アプリ管理ポリシーが設定されている場合、OrG オーナーは、ワークスペースのオーナーが「Slack でサインインする」権限を管理できないようにし、「Slack でサインインする」の ID スコープを含むアプリに対して承認を必須にするかどうかを決定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーから 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. ページ上部の「アプリ」タブをクリックします。
  5. 「アプリの管理」の横の「ポリシーの追加」をクリックします。すでにアプリ管理ポリシーが適用されている場合は、 (鉛筆アイコン)をクリックして、Slack でサインインする権限を選択します。
  6. 「People who can manage Sign in with Slack restrictions(Slack アカウントを使ったサインインの制限を管理できる担当者)」で、ドロップダウンメニューから「OrG オーナー」を選択します。
  7. 「Slack でサインインするアプリの事前承認は不要」の横にあるボックスのチェックをオンまたはオフにします。
  8. 「ポリシーを保存する」を選択します。さらに、「ポリシーの作成」をクリックします。


その他のアプリのインストールポリシーを設定する

OrG オーナーは、OrG のすべてのワークスペースにおいてアプリの承認が有効になっているかどうかに関わりなく、ほかにも次の 2 つのアプリのインストールポリシーを設定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーから 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. ページ上部の「アプリ」タブをクリックします。
  5. 設定するアプリのポリシーの横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. ポリシーの説明の横にあるボックスにチェックを入れます。
  7. 「ポリシーを保存する」を選択します。さらに、「ポリシーの作成」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナー
  • Enterprise Grid プランで利用できます。