Enterprise Grid オーガナイゼーションに ID プロバイダグループを連携させる

Slack では、ID プロバイダ (IDP) のグループをオーガナイゼーション (OrG) 内のワークスペースに同期させることで、大規模な Slack 管理も簡単に行うことができます。お使いの IDP がグループの同期に対応していない場合には、SCIM API を使って手動で同期することができます。

自動プロビジョニングのポイント

  • OrG オーナー/管理者は IDP グループを使ってワークスペースでのメンバーの追加や削除を自動で行うことができます。
  • 自動プロビジョニングを有効にすると、メンバーが各自のアカウントを解除することはできなくなります。
  • IDP グループの変更は IDP 経由でのみ可能です。


IDP グループを連携させる

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの管理」を選択します。
  3. 「ワークスペース」 をクリックして、IDP グループを連携させるワークスペースを探します。
  4. ワークスペースの名前をクリックします。
  5.  「IDP グループ」をクリックして、 「IDP グループを連携させる」をクリックします。
  6. グループを検索したら、「ワークスペースと連携させる」 をクリックします。複数のグループを選択して一度に追加することもできますし、1グループずつ追加することもできます。
  7. 「このグループの自動プロビジョニングを有効にする」をクリックして自動プロビジョニングを有効化することができます。この設定により、IDP グループにメンバーが追加または削除されるたびに、対象のメンバーがワークスペースへ自動で追加または削除されるようになります。
  8. 最後に、「ワークスペースに接続する」をクリックします。

 

要注意 : ワークスペースを IDP グループに連携しても、すでにワークスペースに参加しているメンバーには影響がありません。

Tip: 自動プロビジョニングを有効にするには、対象のグループの右側の (3つのドットアイコン) をクリックして 「自動プロビジョニングを有効にする」を選択します。


IDP グループとの連携を切断する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの管理」を選択します。
  3. 「ワークスペース」 をクリックして、編集するワークスペースを探します。 
  4. ワークスペースの名前をクリックします。
  5.  「IDP グループ」をクリックして、連携を切断したい IDP グループにマウスポインターを重ねます。
  6. 右側の   (歯車のアイコン) をクリックして、 「ワークスペースから削除する」を選択します。

警告 : ワークスペースから IDP グループの連携を切断すると、そのグループのメンバー全員がワークスペースから自動で削除されます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナー と OrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用できます。