ワークスペースへの招待権限とリクエストを管理する

デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でも Slack ワークスペースへメンバーを招待できます。ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーの招待送信権限を無効にすることができます。メンバーが招待を送信できない場合、メンバーはオーナーと管理者に招待をリクエストして承認してもらうことになります。

メンバーへの影響

  • リクエストを承認した場合
    リクエストを承認すると、リクエストの送信者に Slack から通知が送信され、招待が自動で送信されます。
  • リクエストを拒否した場合
    リクエストを拒否すると、リクエストの送信者に Slack からリクエストが拒否された旨の通知が送信されます。

注意 : メンバーに招待の送信権限がある場合には、他のメンバーを招待したり、ゲストの招待をリクエストしたりすることができます。ゲストを招待できるのはワークスペースのオーナーと管理者のみです。

 

招待メールを送信できるメンバーを決定する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」のタブをクリックします。
  4. 「招待リスト」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「管理者による承認が必要です」の横のボックスにチェックを入れる、または外します。
  6. 「保存する」をクリックします。

 

招待リクエストを管理する

招待をリクエストできるメンバーからのリクエストは、Slackbot のダイレクトメッセージを使って管理者全員に送信されますが、特定のチャンネルの管理者にリクエストを送信して承認を受けられるように設定することもできます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」 タブをクリックします。
  4. 「招待リスト」の項目で「管理者による承認が必要です」の横のボックスにチェックが入っていることを確認します。入っていない場合には、上の手順に従いメンバーに招待のリクエストを必須とする設定を行います。
  5. リクエストを Slackbot 経由でワークスペースの管理者全員に送信するか、チャンネルに送信するかを選択します。
  6. 「保存する」をクリックします。


API を使用して招待リクエストを管理する

Enterprise Grid オーガナイゼーションの OrG オーナーと Org 管理者は、一連の API を使用して Slack 用のカスタムアプリを作成し、オーガナイゼーション内のすべてのワークスペースの招待リクエストを管理することができます。これらの API を使って作成したアプリを ID プロバイダ (IDP) や IT チケット発行ソフトウェアなどのサードパーティのサービスに連携させることで、新しいメンバーを適切にプロビジョニングすることが可能になります。 

詳細とドキュメンテーションについては、「Slack API」を参照してください。 

注意 : OrG にカスタムの招待リクエスト管理アプリがインストールされている場合には、招待リクエストは OrG オーナーと管理者に送信されます。ワークスペースのオーナーと管理者に対して Slackbot 経由またはチャンネル内で通知が届くことはなくなります。  

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナーワークスペースの管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン