Slack コネクト : チャンネルへの招待設定と権限を管理する

Slack コネクトによって、オーガナイゼーションのメンバーがパートナー、ベンダー、およびその他のサードパーティと同じチャンネルで連携できるようになります。ここでは、オーガナイゼーションから送信できる招待のタイプ、チャンネルで連携する外部のメンバーに付与できる権限について説明します。


招待のタイプと権限

オーガナイゼーションのチャンネルで外部のメンバーと協働するときにメンバーが送信できる招待のタイプを指定できます。管理できる招待のタイプは 2 つあり、それは、投稿に限定した権限投稿や招待などの権限です。招待のタイプによって、外部のメンバーが招待されたチャンネルで付与される権限が決まります。


招待のタイプに応じた権限 

  投稿に限定した権限 投稿や招待などの権限
メッセージの送信 

絵文字と絵文字リアクションを使う

ファイルを追加する

ワークフローを使用する

チームのスラッシュコマンドショートカットを使用する

社内のほかのメンバーを追加する

 

アプリワークフローを追加する

 

チャンネル名トピック説明を変更する

 

Enterprise Grid OrG で 1 つのチャンネルを複数のワークスペースに追加する

 
オーガナイゼーションが削除された場合、チャンネルのアーカイブされたコピーを確認する   


招待設定と権限を管理する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトチャンネル」横の「開く」をクリックします。
  5. 「[your organization] 外のメンバーを招待する」の下で、トグルボタンをクリックしてオフまたはオンにします。オンにした場合、オーガナイゼーションのどのメンバーがそれぞれの招待タイプを送信できるかを決定します。
  6. 「保存」をクリックします。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「チャンネル」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「[your organization] 外のメンバーを招待する」の下で、トグルボタンをクリックしてオフまたはオンにします。オンにした場合、オーガナイゼーションのどのメンバーがそれぞれの招待タイプを送信できるかを決定します。
  6. 「保存」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー(プロプランとビジネスプラスプラン)
    OrG オーナーOrG 管理者(Enterprise Grid)
  • 有料プランでご利用いただけます。