Slack コネクトチャンネルでの権限

Slack コネクトを使えば、同じ Slack チャンネルで他社のメンバーとも一緒に働けます。企業ごとに、招待先のチャンネルにおけるほかのオーガナイゼーションのメンバーの権限を決めることができます。


権限の概要

企業では、ほかのオーガナイゼーションのメンバーにメッセージの投稿のみを許可したり、その他の権限を付与したりすることができます。

投稿に限定した権限

投稿のみを許可されたメンバーは、招待された Slack コネクトチャンネルでメッセージの送信と次のことを実行できます。


投稿や招待などの権限

投稿や招待などの権限があるメンバーは、上記のすべての操作に加えて、招待された Slack コネクトチャンネルで次のことも実行できます。

Tip :権限がない操作を行う場合は、チャンネルへの招待元である企業のメンバーを探してサポートを依頼してください。