Slack アカウントを使ってほかのサービスに接続する

Slack アカウントを使ってほかのサービスに接続すると、Slack で Slack 以外のツールを簡単かつ安全に使うことができます。Slack アカウントを使ったほかのサービスへの新規登録やサインインの方法については、以下をお読みください。 


Slack を使ってサインインする

Slack アカウントの認証情報を使って別のサービスにサインインする場合、そのサービスが Slack のプロフィール情報の一部にアクセスするのを許可できます。

  1. サードパーティのウェブサイトで「Slack でサインインする」と表示されたボタンをクリックします。
  2. 「許可する」をクリックして、該当のサービスに Slack へのアクセスを許可します。 
  3. 表示されるメッセージに従ってアカウントにサインインするか、アカウントの設定を完了します。 

Slack を使ったサインインに必要な Slack 内のプロフィール情報にアクセスすることを Quip に許可するメッセージ

注:Slack アカウントのパスワードがサードパーティと共有されることはありません。また、サードパーティがほかのメンバーのプロフィール情報やメッセージ、ワークスペースのファイルにアクセスすることもありません。

サードパーティによる Slack へのアクセスを無効にする

Slack アカウントを使って別のサービスにサインインしている場合は、Slack プロフィールへのアクセス許可を次の手順でいつでも無効にできます。

  1. Slack にサインインします。
  2. 「連携アカウント」のページにアクセスします。
  3. アプリやサービスを選択します。
  4. アプリのページで、「設定」タブをクリックします。
  5. 「許可」「無効にする」をクリックします。


Slack アカウントをほかのサービスと連携させる

注:この機能は特定のサードパーティウェブサイトにしか利用できないため、すべてのサービスでアカウントを連携させるメッセージが表示されるわけではありません。

ワークスペースのメンバーが、検証済みのサードパーティウェブサイトのリンクを共有すると、Slack から直接サードパーティのサービスにアクセスできます。リンクをクリックしたあと、アカウントがすでにある場合は Slack アカウントの認証情報を使用してすばやくサインインできます。まだアカウントがない場合は新規登録します。

  1. Slack で別のサービスのリンクをクリックします。 
  2. 「承諾」をクリックして、そのサービスに Slack へのアクセスを許可します。Slack への新規登録で使用したメールアドレスの認証を求められることがあります。
  3. 表示されるメッセージに従ってアカウントの設定を完了します。

Slack で Loom のリンクをクリックしたあとに表示される、Slack 内のプロフィール情報へのアクセスを Loom に許可するメッセージ

Tip : 開発者が「Slack でサインインする」についてもっと詳しく知るには、Slack API にアクセスしてください。

 

連携アカウントの環境設定を管理する

デフォルトでは、Slack でリンクをクリックすると、検証済みサードパーティウェブサイトにアカウントを連携させるメッセージが表示されます。必要に応じて、アカウントを各サービスと連携させたり連携を解除したりするメッセージが表示されないように環境設定で選択できます。

  1. デスクトップでは、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューで「環境設定」を選択します。
  3. 「連携アカウント」を選択します。
  4. 連携するためのメッセージの表示をすべてオフにするには、「Slack とほかのアプリとの連携を許可する」をオフにします。
  5. 特定のサービスの連携を解除するには、そのサービス名の横にある「連携を解除する」をクリックします。続けて「連携を解除する」をクリックして確定します。

注:アカウントの連携のメッセージ表示をオフに切り替えると、連携していたすべてのアカウントの連携も解除されます。

Slack アカウントを使ってほかのサービスに接続すると、Slack で Slack 以外のツールを簡単かつ安全に使うことができます。Slack アカウントを使ったほかのサービスへの新規登録やサインインの方法については、以下をお読みください。 


Slack を使ってサインインする

Slack アカウントの認証情報を使って別のサービスにサインインする場合、そのサービスが Slack のプロフィール情報の一部にアクセスするのを許可できます。

  1. サードパーティのウェブサイトで「Slack でサインインする」と表示されたボタンをクリックします。
  2. 「許可する」をクリックして、該当のサービスに Slack へのアクセスを許可します。 
  3. 表示されるメッセージに従ってアカウントにサインインするか、アカウントの設定を完了します。 

Slack を使ったサインインに必要な Slack 内のプロフィール情報にアクセスすることを Quip に許可するメッセージ

注:Slack アカウントのパスワードがサードパーティと共有されることはありません。また、サードパーティがほかのメンバーのプロフィール情報やメッセージ、ワークスペースのファイルにアクセスすることもありません。

サードパーティによる Slack へのアクセスを無効にする

Slack アカウントを使って別のサービスにサインインしている場合は、Slack プロフィールへのアクセス許可を次の手順でいつでも無効にできます。

  1. Slack にサインインします。
  2. 「連携アカウント」のページにアクセスします。
  3. アプリやサービスを選択します。
  4. アプリのページで、「設定」タブをクリックします。
  5. 「許可」「無効にする」をクリックします。


Slack アカウントをほかのサービスと連携させる

注:この機能は特定のサードパーティウェブサイトにしか利用できないため、すべてのサービスでアカウントを連携させるメッセージが表示されるわけではありません。

ワークスペースのメンバーが、検証済みのサードパーティウェブサイトのリンクを共有すると、Slack から直接サードパーティのサービスにアクセスできます。リンクをクリックしたあと、アカウントがすでにある場合は Slack アカウントの認証情報を使用してすばやくサインインできます。まだアカウントがない場合は新規登録します。

  1. Slack で別のサービスのリンクをクリックします。 
  2. 「承諾」をクリックして、そのサービスに Slack へのアクセスを許可します。Slack への新規登録で使用したメールアドレスの認証を求められることがあります。
  3. 表示されるメッセージに従ってアカウントの設定を完了します。

Slack で Loom のリンクをクリックしたあとに表示される、Slack 内のプロフィール情報へのアクセスを Loom に許可するメッセージ

Tip : 開発者が「Slack でサインインする」についてもっと詳しく知るには、Slack API にアクセスしてください。

 

連携アカウントの環境設定を管理する

デフォルトでは、Slack でリンクをクリックすると、検証済みサードパーティウェブサイトにアカウントを連携させるメッセージが表示されます。必要に応じて、アカウントを各サービスと連携させたり連携を解除したりするメッセージが表示されないように環境設定で選択できます。

  1. デスクトップでは、サイドバーにある自分のプロフィール写真をクリックします。
    Slack デスクトップアプリでプロフィール写真のメニューにカーソルを重ねている画像。
  2. 「環境設定」を選択します。
  3. 「連携アカウント」を選択します。
  4. 連携するためのメッセージの表示をすべてオフにするには、「Slack とほかのアプリとの連携を許可する」をオフにします。
  5. 特定のサービスの連携を解除するには、そのサービス名の横にある「連携を解除する」をクリックします。続けて「連携を解除する」をクリックして確定します。

注:アカウントの連携のメッセージ表示をオフに切り替えると、連携していたすべてのアカウントの連携も解除されます。