タイムゾーンの設定を管理する

世界中を飛び回って活躍する皆さんのために、Slack では簡単にタイムゾーンの変更ができます。目的地に着いたらすぐ、以下の手順でローカル時間に更新しましょう。

タイムゾーンを変更する

デスクトップ

iOS

Android

    1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    2. Preferences  (環境設定) を選択します。
    3. 「言語 & 地域」を選択します。
    4. 「タイムゾーン」に表示されるメニューから希望するオプションを選択します。

 

移動中に Slack のタイムゾーンを自動で更新したい場合には、「タイムゾーンを自動で設定する」の横のボックスにチェックを入れます。

  1. Web ブラウザを起動して、 Account (アカウント) ページ :  my.slack.com/account  にアクセスします。サインインが必要な場合はサインインします。
  2. 「タイムゾーン」が折りたたまれている場合には、「開く」をタップします。
  3. リストから自分の現在のタイムゾーンを選択したら、 Save Time Zone  (タイムゾーンを保存する) をタップします。

Tip : タイムゾーンを現在地の時刻にすばやく合わせるには、画面を左にスワイプして右サイドバーを開き、「設定」「詳細設定」の順にタップし、トグルボタンを「タイムゾーンを自動で設定する」に切り替えます。

  1. Web ブラウザを起動して、 Account (アカウント) ページ :  my.slack.com/account  にアクセスします。サインインが必要な場合はサインインします。
  2. 「タイムゾーン」が折りたたまれている場合には、「開く」をタップします。
  3. リストから自分の現在のタイムゾーンを選択したら、 Save Time Zone  (タイムゾーンを保存する) をタップします。

Tip :  タイムゾーンをすばやく更新するには、右上の 「オーバーフローメニュー」をタップし、「設定」「言語 & 地域」の順にタップして、「タイムゾーンを自動で設定する」に切り替えます。

注意 : Slack のタイムゾーンを更新すると、リマインダーおやすみモードの時間は現地時間に合わせられますが、メッセージにはあなたのコンピュータの時間が必ず刻印されます。


タイムゾーンをデバイスと同期する

Slack で表示される時間がデバイスで表示される時間と異なる場合には、デバイスの設定で時間の変更が必要となります。以下の一覧からお使いのデバイスを選択して設定の方法を確認してください。

デバイスの設定を変更したら Slack アプリに戻り、上記の手順で Slack の環境設定のタイムゾーンがコンピューターやモバイルデバイスのタイムゾーンと一致していることを確認します。