チャンネルへの投稿権限を管理する

チャンネルに投稿できる人や、メンションでチャンネルのメンバー全員に通知できる人を指定できます。これによって、社内通知などに使うような大規模なチャンネルの使用が、トピックとは関係のない投稿に妨げられるのを防止できます。

注 :オーナーと管理者は、投稿権限を設定できるメンバーを限定できます。このオプションが見当たらない場合は、オーナーや管理者に相談してください。


チャンネルに投稿できるメンバーを管理する 

どのプランでも、どのような人が #general チャンネルにメッセージを投稿できるかを変更できます。ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランでは、どのチャンネルについても、誰が投稿できるかを変更できます。投稿権限がないメンバーにとって、チャンネルは読み取り専用になります。

  1. デスクトップから、投稿権限を調整するチャンネルを開きます。
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  3. 「設定」タブを選択します。
  4. 「投稿権限」の横で「編集」をクリックします。
  5. 投稿できる人とメッセージに返信できる人を選択します。
  6. 「変更を保存」をクリックします。

Tip :ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランでは、権限を持つオーナーと管理者が、チャンネル管理ツールを使ってチャンネルへの投稿権限を管理できます。


チャンネルに通知できるメンバーを管理する

どのプランでも、@everyone を使って #general チャンネルの全員に通知を送れるメンバーを変更できます。ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランでは、@here や @channel を使ってチャンネル全体に一度に通知できるメンバーも変更できます。

  1. デスクトップから、投稿権限を調整するチャンネルを開きます。
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  3. 「設定」タブを選択します。
  4. 「投稿権限」の横で「編集」をクリックします。
  5. 「@here および @channel メンションを許可する」の横にあるボックスのチェックをオンまたはオフにします。(#general チャンネルについては、「@everyone メンションの使用を許可する」が表示されます)。
  6. 「Save Changes」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?