チャンネルへの投稿権限を管理する

チャンネルのメンバーは、参加しているチャンネルへ投稿ができるメンバーを限定し、投稿権限のないその他メンバーには閲覧専用チャンネルとして設定することができます。これは特に、社内通知専用チャンネルなどの大きなチャンネルで、会話が脇道に逸れないようにするのに便利な設定です。

 チャンネルへの投稿権限 (プラン別) 

  • フリープランとスタンダードプラン
    投稿権限を設定できるのは #general チャンネルのみで、デフォルトでは、ワークスペースのオーナーや管理者に制限されている場合を除き、誰でもこのチャンネルの投稿権限を管理できます。
  • プラスプラン
    外部組織と共有されているチャンネルを除き、すべてのチャンネルに投稿権限を設定できます。ワークスペースのメンバーなら誰でもこのチャンネルの設定を管理できます。
  • Enterprise Grid プラン
    外部組織と共有されているチャンネルを除き、すべてのチャンネルに投稿権限を設定できます。 デフォルトでは、管理者が制限しない限り、誰でもチャンネルの投稿権限を管理できます。

注意 : Enterprise Grid プランでマルチワークスペースチャンネルのチャンネル投稿権限を管理できるのは OrG オーナーと管理者のみです。


チャンネルへの投稿権限を設定する

まず、上記の プラン別のチャンネル投稿権限 から、この設定へのアクセスの可否を確認します。チャンネルに投稿権限を設定した後、 その権限を上書きできるのはオーナー、管理者、またはその権限を設定したメンバーのみとなります。

  1. チャンネルを開きます。
  2.  (歯車のアイコン) をクリックして 「チャンネル設定」 メニューを開きます。
  3.  「投稿権限の管理」をクリックします。 
  4. チャンネルに投稿できるメンバーを選択します。また、メッセージのスレッド機能を利用可能にするかどうかを選択します。

注意 : マルチワークスペースチャンネルを除き、ワークスペースのオーナーと管理者には常にチャンネルへの投稿権限がある状態となります。


チャンネルへの投稿権限を管理できるユーザーを制限する

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

プラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースのチャンネルへの投稿権限を管理できるメンバーを次の方法で決めることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「その他管理項目」から 「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3.  「権限」 のタブを開きます。
  4.  「チャンネル管理」 までスクロールダウンして 「開く」をクリックします。
  5. チャンネルの権限を管理できるメンバーを選択します。 

ワークスペースレベル

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内のみに存在するチャンネルへの投稿権限を管理できるメンバーを次の方法で決めることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「その他管理項目」から 「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3.  「権限」 のタブを開きます。
  4.  「チャンネル管理」 までスクロールダウンして 「開く」をクリックします。
  5. チャンネルの権限を管理できるメンバーを選択します。 

OrG レベル

OrG オーナーは、チャンネル投稿権限を管理できるユーザーを定めるポリシーを OrG 全体に設定することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「その他管理項目」から「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 管理者ダッシュボードから  「設定」>「オーガナイゼーションポリシー」 の順にクリックします。
  4.  「権限」 タブで「チャンネルの管理制限」の横の  (鉛筆のアイコン)  を選択します。
  5. チャンネル内で投稿権限を管理できるメンバーでメニューから次のいずれかのオプションを選択します。
    メンバーとゲスト全員または ワークスペースのオーナーと管理者のみ
  6.  「ポリシーを保存する」  をクリックして終了です。

Tip : OrG 全体のデフォルトチャンネル には、OrG のメンバー全員が含まれ、投稿はオーナーと管理者のみに制限されています。 

誰がこの機能を使用することができますか?
  • OrG オーナー/管理者ワークスペースのオーナー/管理者、 メンバーゲスト
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

チャンネルのメンバーは、参加しているチャンネルに投稿ができるメンバーを限定し、投稿権限のないその他メンバーには閲覧専用チャンネルとして設定することができます。これは特に、社内通知専用チャンネルなどの大きなチャンネルで、会話が脇道に逸れないようにするのに便利な設定です。

 チャンネルへの投稿権限 (プラン別) 

  • フリープランとスタンダードプラン
    投稿権限を設定できるのは #general チャンネルのみとなっています。デフォルトでは、ワークスペースのオーナーまたは管理者が制限しない限り、誰でもチャンネルの投稿権限を管理できます。
  • プラスプラン
    外部のオーガナイゼーションと共有しているチャンネルを除き、すべてのチャンネルに投稿権限を設定できます。 デフォルトでは、管理者が制限しない限り、誰でもチャンネルの投稿権限を管理できます。
  • Enterprise Grid プラン
    外部のオーガナイゼーションと共有しているチャンネルを除き、すべてのチャンネルに投稿権限を設定できます。 デフォルトでは、管理者が制限しない限り、誰でもチャンネルの投稿権限を管理できます。

注意 : Enterprise Grid プランでマルチワークスペースチャンネルのチャンネル投稿権限を管理できるのは OrG オーナーと管理者のみです。


チャンネルへの投稿権限を設定する

まず、上記のプラン別のチャンネル投稿権限から、この設定へのアクセスの可否を確認します。チャンネルに投稿権限を設定した後、その権限を上書きできるのはオーナー、管理者、またはその権限を設定したメンバーのみとなります。

  1. デスクトップでチャンネルを開きます。
  2. 右上の 「詳細」をクリックして、「その他」をクリックします。
  3.  「投稿権限の管理」をクリックします。 
  4. チャンネルに投稿できるメンバーを選択します。また、メッセージのスレッド機能を利用可能にするかどうかを選択します。

注意 : マルチワークスペースチャンネルを除き、ワークスペースのオーナーと管理者には常にチャンネルへの投稿権限がある状態となります。


チャンネルへの投稿権限を管理できるユーザーを制限する

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

プラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースのチャンネルへの投稿権限を管理できるメンバーを次の方法で決めることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3.  「権限」 のタブを開きます。
  4.  「チャンネル管理」 までスクロールダウンして 「開く」をクリックします。
  5. チャンネルへの投稿権限を管理できるユーザーを選択します。 

OrG レベル

OrG オーナーは、以下の方法でチャンネル投稿権限を管理できるユーザーを定めるオーガナイゼーションポリシーを設定することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの 「設定」をクリックし、その後「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブを選択します。
  5. 「チャンネルの管理制限」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。 
  6. チャンネル内で投稿権限を管理できるメンバーのドロップダウンメニューから次のいずれかのオプションを選択します。
  7. 「ポリシーを保存する」を押したあと、「ポリシーを確定する」をクリックします。

ワークスペースレベル

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内のみに存在するチャンネルへの投稿権限を管理できるメンバーを次の方法で決めることができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3.  「権限」 のタブを開きます。
  4.  「チャンネル管理」 までスクロールダウンして 「開く」をクリックします。
  5. チャンネルへの投稿権限を管理できるユーザーを選択します。 

Tip :  OrG 全体のデフォルトチャンネルでの投稿は、オーナーと管理者のみに制限されています。

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナー/管理者ワークスペースのオーナー/管理者メンバーゲスト
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン