シングルサインオンを無効にする

Salck のビルトイン認証を使ったアクセス方法に戻したい場合は、シングルサインオン (SSO) を OFF にすることができます。 SSO が OFF になっているときには、メンバーはメールアドレスと Slack のパスワードを利用してサインインします。

注意 :  Slack アカウントでパスワードを作成したことがない場合は、シングルサインオンを無効にする前にパスワードを設定する必要があります。パスワードをリセットするには手順に従ってください。

SSO を OFF にする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」タブで「Google Auth を無効にする」をクリックするか、SAML 認証を利用している場合は「ビルトイン認証に切り替える」をクリックします。

メンバーには、Slack から変更に関するお知らせメールが届き、その際もしパスワードを設定していない場合はパスワードを設定するように促されます。Slack にサインインしている状態でこのメールを受信したメンバーは、ログインしたままの状態となります。
この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー
  • スタンダードプランプラスプラン