シングルサインオンの再バインドメールを送信する

スタンダードプランとプラスプランのワークスペースのオーナーと管理者、また Enterprise Grid プランの OrG オーナーと管理者は、セッションの終了時に シングルサインオン(SSO)アカウントと Slack アカウントの再バインド を促すメールをメンバーに送信できます。

 

SSO の再バインドメールを送信する

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「メンバーを管理する」をクリックします。
  3. SSO の再バインドメールを送信する対象のメンバーを検索します。
  4. (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. 「SSO の再バインドメールを送信する」を選択します。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 左サイドバーの 「メンバーディレクトリ」をクリックし、「メンバー」を選択します。 
  3. SSO の再バインドメールを送信するメンバーを検索します。 
  4. メンバーの名前をクリックしてプロフィールを開きます。
  5. (3 つのドットアイコン) をクリックして「SSO の再バインドメールを送信する」を選択します。

メンバーには Slack から、ワークスペースや Enterprise Grid OrG と自分の SSO アカウントを連携させるよう依頼するメールが届きます。メールにある「アカウントの認証」をクリックすると、バインディングのプロセスが開始します。

この機能を使えるのは誰ですか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者OrG のオーナー/管理者
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン