Slack コネクトでのワークスペース使用の公開範囲を管理する

Slack コネクトでは、メールアドレスで外部の人を検索し、Slack の中でダイレクトメッセージを使ってつながることができます。ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーの名前とそのメンバーが Slack を使っていることをどのような相手に対して公開するかを選択できます。


ワークスペース使用の公開範囲を管理する 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトの公開範囲」の横にある「開く」をクリックします。
  5. オプションとして「メールアドレスを持っている人なら誰でも」(個人情報やワークスペースの詳細は共有されません)または「すべて許可しない」を選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

注 :メンバーも、自分の公開範囲を設定できます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーワークスペースの管理者
  • すべてのプランで利用できます