スレッドを使用して会話を整理する

誰がこの機能を使用することができますか?
  • メンバーゲスト全員
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

スレッドを使うと、Slack での会話を常に整理された状態に保つことができます。会話の流れを妨げることなく、特定のメッセージに対して質問をし、背景情報を追加し、フィードバックを追加することができます。 スレッドは、オリジナルのメッセージに紐付けられた状態となり、スレッドにコメントや返信をしたりスレッドをフォローしているメンバーのみに通知が届きます。

どうしてスレッドを使うの?

  • 特定のメッセージやファイルにフィードバックやアイデアを明確に関連付ける事ができる。
  • 会話を整理して、本題から外れてしまうことを防ぐことができる。
  • 他のメンバーの邪魔になることを気にしなくていいので、オープンに話をしやすい

注意 : スレッドはビルトイン機能のため、アカウントやワークスペースで無効にすることはできません。


スレッドを開始またはスレッドに返信する

デスクトップ

iOS

Android

  1. 返信したいメッセージやファイルにマウスポインターを重ねます。
  2.   (スレッドを開始) アイコンをクリック、 または返信にマウスポインターを重ねて「スレッドを表示する」をクリックします。
  3. メッセージを作成します。
  4.  「送信する」  をクリックして返信コメントを投稿します。
  1. 返信したいメッセージをタップします。
  2.   「スレッドを開始」 (または 「スレッドに返信」) アイコンをタップします。
  3. コメントを入力してスレッドをスタートするか、既にあるスレッドに参加します。
  4. 「送信」ボタンをタップします。
  1. 返信したいメッセージをタップします。
  2.   「スレッドを開始」 (または 「スレッドに返信」) アイコンをクリックします。
  3. コメントを入力してスレッドをスタートするか、既にあるスレッドに参加します。
  4.    (紙飛行機のアイコン) をタップして送信します。

チャンネル全体に返信する

スレッドへ返信すると、チャンネルでの重要な会話の流れが妨げられることがなく、業務をスムーズに進めることができます。ただし、スレッドへの返信が他のメンバーにも関係のある内容だった場合には、チャンネルに投稿することもできます。📢

デスクトップ

iOS

Android

  1.   (スレッドを開始) アイコン をクリックします。すでに進行中のスレッドがある場合には、  「スレッドに返信する」をクリックします。
  2. メッセージを作成します。
  3. 「#(チャンネル名) にも投稿する」の左にあるボックスにチェックを入れます。
  4.  「送信する」  をクリックして返信コメントを投稿します。
  1. 返信したいメッセージやファイルをタップします。 
  2.   (スレッドを開始) アイコンを タップします。すでに進行中のスレッドがある場合には、   「○件の返信」をタップします。
  3. メッセージを作成します。 
  4. 「#(チャンネル名) にも投稿する」の横にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 「送信」をタップしてチャンネル全体に返信を共有します。
  1. 返信したいメッセージまたはファイルをタップします。
  2.   (スレッドを開始) アイコンを タップします。すでに進行中のスレッドがある場合には、   「○件の返信」をタップします。
  3. 「#(チャンネル名) にも投稿する」の左にある ボックス にチェックを入れます。
  4. メッセージを作成します。 
  5.    (紙飛行機のアイコン) をタップして送信します。

注意 : スラッシュコマンドを使用した場合には、返信をチャンネル全体に送信するオプションは表示されません。 


新しい返信コメントを確認する

スレッドをフォローする

あなたがスレッドを開始・返信したり、元のメッセージで誰かがあなたをメンションすると、新しい返信があった時にスレッド画面に通知が届きます。これに対して何も言うべきことがない時でも、次の手順で新しいスレッドを手動でフォローできます。

デスクトップ

iOS

Android

  1. フォローしたいメッセージやファイルにマウスポインターを重ねます。
  2.   (その他) アイコンをクリックします。
  3. メニューから「スレッドをフォローする」を選択し、新規の返信があった場合には通知が届くようにします。
  1. フォローしたいメッセージやファイルをタップします。
  2.   (その他) アイコンをタップします。
  3. 「スレッドをフォローする」をタップします。
  1. フォローしたいメッセージやファイルをタップします。
  2. 右上の   (その他) アイコンをタップします。
  3. 「メッセージをフォローする」をタップします

注意 : スレッド内で @here や @channel を使うと、チャンネル内のメンバーに通知が送信されません。

スレッドのフォローを終了する

スレッドをアーカイブすることはできませんが、スレッドのフォローを終了することで、新しい返信について通知を受信しないようにすることができます :

デスクトップ

iOS

Android

  1. チャンネルリストの一番上にある 「スレッド」を開きます。
  2. フォローを終了したいスレッドで、オリジナルのメッセージやファイルにマウスポインターを重ねます。
  3.   (その他) アイコンをクリックします。
  4. メニューから「スレッドのフォローを終了する」を選択します。

また、スレッドのメッセージフィールド内で /mute と入力してフォローを解除することもできます。

  1. チャンネルリストの一番上にある 「スレッド」を開きます。
  2. フォローをやめたいスレッドをタップします。
  3. スレッドのオリジナルのメッセージやファイルの下にある   (その他) アイコン をタップします。
  4. メニューから「スレッドのフォローを終了」タップします。
  1. チャンネルリストの一番上にある 「スレッド」を開きます。
  2. フォローをやめたいスレッドをタップします。
  3. スレッドのオリジナルのメッセージやファイルの下にある   (その他) アイコン をタップします。
  4. メニューから「スレッドのフォローを終了」をタップします。


「スレッド」画面で返信を確認する

チャンネルリストの一番上にある「スレッド」を開いて、フォローしているスレッドを確認します。

この画面から、スレッドへ返信したり、チャンネルのオリジナルのメッセージに戻ったり、または、スレッドのフォローを終了したりできます。 未読のスレッドへの返信がある場合には、この画面は 「新しいスレッド」 として表示されます。

Tip :  デスクトップアプリで「スレッド」ビューを開くには、
 ShiftT (Mac) または CtrlShiftT (Windows/Linux) のショートカットキーが使えます。


スレッドの使い方ガイド

  • スレッドを使う?それともメッセージを共有する?
    自分のコメントをオリジナルのアイデアやファイルに直接結びつけておきたい時は、スレッドが適しています。それに対し、メッセージの共有機能は、過去の会話を再開したり、または、あるチャンネルに投稿されたメッセージを別のチャンネルで共有して話し合いたい場合などに適しています。
  • スレッドは元のアイテムといつも一緒です。 
    メッセージやファイルを含むメッセージを共有すると、そのアイテムと一緒にスレッド形式の返信も共有されます。 このため、オリジナルのアイテムに関する会話をいつでもすぐに確認することができます。
  • 情報がスレッドに隠れてしまわないようにしましょう。
    チャンネルで返信を共有しない限り、スレッドの会話はチャンネルのメインビューには表示されません。他のメンバーにも役立ちそうなメッセージは、スレッドは使わずにチャンネルで共有する方がいいでしょう。
  • スレッド遣いは心遣い。
    スレッドを適切に使うことは、チャンネルのテーマを明確に保ったまま、活発なやり取りが進むうちに話題が本題から逸れてしまうのを防ぐのにとても役立ちます。ですが、スレッドへの返信を他のメンバーにも確認してもらいたい場合もあるかと思います。そんな時は、
    スレッドへの投稿と合わせて、Slack の通常のメッセージのようにチャンネル全体に返信しましょう。