Slack ハドルミーティングと通話のセキュリティ

Slack ハドルミーティングまたは通話のセキュリティについて詳しい情報をお探しですか?このページで詳しく説明します。


Slack ハドルミーティングと通話のセキュリティ

Slack では、最新の推奨セキュリティ技術によってリアルタイム通信の WebRTC 標準を実現しています。Slack では次のような方法で、ハドルミーティングや通話データの安全性と機密性をまもっています。

  • 転送中のトラフィックはすべて暗号化されています。
  • メディアトラフィックは DTLS-SRTP 鍵交換を使用し、SRTP で暗号化されています。
  • リアルタイムデータチャンネルは DTLS で暗号化されています。
  • Slack のメディアサーバーとの信号通信には、TLS 1.2 を使用したセキュアな WebSocket や HTTPS を使用しています。

Slack ハドルミーティングと通話機能は、Slack のその他機能と同じセキュリティプログラムに該当します。詳しくは、セキュリティポリシーのページを参照してください。


Slack ハドルミーティングと通話から保存される情報

Slack では、Slack ハドルミーティングと通話に関する特定の情報を保存し、エクスペリエンスの向上と問題のトラブルシューティングに役立てます。

Slack ハドルミーティング

通話

  • 保存されるハドルミーティングのメタデータには、ハドルミーティングが開始された場所(チャンネル内またはダイレクトメッセージ内)、開始したメンバー、参加したメンバー、メンバーが参加した時刻、退出した時刻、ハドルミーティングが終了した時刻などがあります。
  • 保存されるパフォーマンス指標には、レイテンシーやジッターがあります。
  • レイテンシーやタイムラグをできるだけ短くしながらメディアに接続するには、同じハドルミーティング中にデバイスのパブリックおよびプライベート IP アドレスを他のデバイスと共有します。

Note:ハドルミーティングは録音できません。ハドルミーティングのトランスクリプションは Slack または Amazon Web Services(AWS)で保存されません。

  • 保存される通話のメタデータには、通話の名前、通話が開始された場所(チャンネル内またはダイレクトメッセージ内)、開始したメンバー、参加したメンバー、メンバーが参加した時刻、退出した時刻、通話が終了した時刻などがあります。
  • 保存されるパフォーマンス指標には、レイテンシーやジッターがあります。
  • レイテンシーやタイムラグをできるだけ短くしながらメディアに接続するには、同じ通話中にデバイスのパブリックおよびプライベート IP アドレスを他のデバイスと共有します。

Note:Slack コールの録音または文字起こしは行えません。