Linux版 Slack(β版)パッケージのシグネチャーを確認する

 Linux版 Slack(β版)アプリのパッケージは、Slack からのパッケージであることを証明するため、GPG キーで署名されます。このシグネチャーを使って Slack のパッケージの信頼性を確認してください。

注 :Linux版 Slack(β版)をダウンロードするにはダウンロードページにアクセスしてください。


パッケージのシグネチャーを確認する

このステップを完了するには、スーパーユーザーの権限が必要です。 

バージョン 4.22 以降

バージョン 4.21 以前

RPM ベースの配信

  1. Slack の公開キーをダウンロードします。 wget https://slack.com/gpg/slack_pubkey20210901.gpg
  2. Slack の公開キーを RPM にインポートします。 
    sudo rpm --import slack_pubkey_20210901.gpg
  3. パッケージのシグネチャーをチェックします。
    rpm --checksig <ダウンロードした RPM Slack パッケージ>.rpm
    Red Hat Linux 7 の場合、出力は次のようになります。 
    <ダウンロードした RPM Slack パッケージ>.rpm: rsa sha1 (md5) pgp md5 OK Red Hat Linux 8 以降または Fedora の場合、出力は次のようになります。
    <ダウンロードした RPM Slack パッケージ>.rpm: digests signatures OK

Debian ベースの配信

Ubuntu 18.04(または以降)の debsig-verify 0.15(または以降) を使ったパッケージシグネチャーの確認方法は以下の通りです。
  1. Linux版 Slack(β版)アプリは debsigs を使って署名されます。 プログラム debsig-verify をインストールしてパッケージを確認する必要があります。 sudo apt install debsig-verify
  2. 次に、Slack の公開キーをダウンロードします。
    wget https://slack.com/gpg/slack_pubkey_20210901.gpg
  3. ディレクトリを作成して Slack の公開キー用の debsigs ポリシーとキーリングを保存します。 
    sudo mkdir -p /usr/share/debsig/keyrings/C13BC8A2F6C6FFD4 sudo mkdir -p /etc/debsig/policies/C13BC8A2F6C6FFD4
  4. 空のキーリングを初期化します(署名鍵は GPGv1 鍵です。したがって次の手順で正しくインポートされたことを確認する必要があります)。
    sudo touch /usr/share/debsig/keyrings/C13BC8A2F6C6FFD4/debsig.gpg
  5. Slack の公開キーを、対応する debsigs キーリングにインポートします。
    sudo gpg --no-default-keyring --keyring /usr/share/debsig/keyrings/C13BC8A2F6C6FFD4/debsig.gpg --import slack_pubkey_20210901.gpg
  6. 任意のエディタで新しいファイルを作成します。
    /etc/debsig/policies/C13BC8A2F6C6FFD4/slack.pol
    それから、次の内容を貼り付けます。
    <?xml version="1.0"?>
    <!DOCTYPE Policy SYSTEM "https://www.debian.org/debsig/1.0/policy.dtd">
    <Policy xmlns="https://www.debian.org/debsig/1.0/">
    <Origin Name="Slack" id="C13BC8A2F6C6FFD4" Description="Slack"/>
    <Selection>
    <Required Type="origin" File="debsig.gpg" id="C13BC8A2F6C6FFD4"/>
    </Selection>
    <Verification>
    <Required Type="origin" File="debsig.gpg" id="C13BC8A2F6C6FFD4"/>
    </Verification>
    </Policy>
  7. ファイルを保存し、エディタを終了します。
  8. パッケージのシグネチャーをチェックします。
    debsig-verify <ダウンロードした Debian パッケージ>.deb
    出力は次のようになります。  
    Debsig:Debsig: Verified package from ‘Slack’ (Slack)

RPM ベースの配信

  1. Slack の公開キーをダウンロードします。 wget https://slack.com/gpg/slack_pubkey_2019.gpg
  2. Slack の公開キーを RPM にインポートします。 
    sudo rpm --import slack_pubkey_2019.gpg
  3. パッケージのシグネチャーをチェックします。
    rpm --checksig slack-2.8.0-0.1.fc21.x86_64.rpm
    出力は次のようになります。  
    slack-2.8.0-0.1.fc21.x86_64.rpm: rsa sha1 (md5) pgp md5 OK

Debian ベースの配信

Ubuntu 18.04(または以降)の debsig-verify 0.15(または以降) を使ったパッケージシグネチャーの確認方法は以下の通りです。
  1. Linux版 Slack(β版)アプリは debsigs を使って署名されます。 プログラム debsig-verify をインストールしてパッケージを確認する必要があります。 sudo apt install debsig-verify
  2. 次に、Slack の公開キーをダウンロードします。
    wget https://slack.com/gpg/slack_pubkey_2019.gpg
  3. ディレクトリを作成して Slack の公開キー用の debsigs ポリシーとキーリングを保存します。 
    sudo mkdir -p /usr/share/debsig/keyrings/F18462078E6C9578
    sudo mkdir -p /etc/debsig/policies/F18462078E6C9578
  4. 空のキーリングを初期化します(署名鍵は GPGv1 鍵です。したがって次の手順で正しくインポートされたことを確認する必要があります)。
    sudo touch /usr/share/debsig/keyrings/F18462078E6C9578/debsig.gpg
  5. Slack の公開キーを、対応する debsigs キーリングにインポートします。
    sudo gpg --no-default-keyring --keyring /usr/share/debsig/keyrings/F18462078E6C9578/debsig.gpg --import slack_pubkey_2019.gpg
  6. 任意のエディタで新しいファイルを作成します。
    /etc/debsig/policies/F18462078E6C9578/slack.pol
    それから、次の内容を貼り付けます。
    <?xml version="1.0"?>
    <!DOCTYPE Policy SYSTEM "https://www.debian.org/debsig/1.0/policy.dtd">
    <Policy xmlns="https://www.debian.org/debsig/1.0/">
    <Origin Name="Slack" id="F18462078E6C9578" Description="Slack"/>
    <Selection>
    <Required Type="origin" File="debsig.gpg" id="F18462078E6C9578"/>
    </Selection>
    <Verification>
    <Required Type="origin" File="debsig.gpg" id="F18462078E6C9578"/>
    </Verification>
    </Policy>
  7. ファイルを保存し、エディタを終了します。
  8. パッケージのシグネチャーをチェックします。
    debsig-verify slack-desktop-2.8.0-amd64.deb
    出力は次のようになります。  
    Debsig:Debsig: Verified package from ‘Slack’ (Slack)