メッセージの編集と削除権限を管理する

デフォルトでは、メンバー全員が自分のメッセージを編集や削除できるようになっています。ワークスペースのオーナーや管理者は、必要に応じてこの権限を変更することができます。変更できる内容は以下のとおりです。

Tip : メンバーによるメッセージの編集や削除を制限することにより、メンバーのコミュニケーションに影響がでてしまう場合もあります。チームのニーズを考慮した上で、編集や削除機能のメリットとデメリットを検討しましょう。

 

メッセージの編集時の時間枠を調整する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーがメッセージを編集できる期間(いつでも編集可能、編集不可能、送信後の特定の期間まで可能など)を選択することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージの編集と削除」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「編集を許可する?」の項目で、メンバーがメッセージを編集できる期間など、制限を設定します。
  6. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーと管理者は、OrG ポリシーを設定して、OrG 内のすべてのワークスペースのメッセージ編集権限を決定できます。また、メンバーがメッセージを編集できる期間(いつでも編集可能、編集不可能、送信後の特定の期間まで可能)を選択することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。
  5. 「メッセージの編集と削除」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. 「編集を許可する?」の項目で、メンバーがメッセージを編集できる期間など、制限を設定します。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。


ワークスペースレベル

OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーがメッセージを編集できる期間(いつでも編集可能、編集不可能、送信後の特定の期間まで可能)を選択することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージの編集と削除」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「編集を許可する?」の項目で、メンバーがメッセージを編集できる期間など、制限を設定します。
  6. 「保存」をクリックします。

注意 : 「編集不可能」を選択すると同時に、メンバーはメッセージを編集できなくなります。 

 

メッセージを削除できるメンバーを選択する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、メンバー全員、またはワークスペースのオーナーと管理者のみのいずれかからメッセージを削除できるメンバーを決めることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージの編集と削除」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「メッセージを削除できるメンバー」の項目から、メッセージを削除できるメンバーを選びます。
  6. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーは、OrG ポリシーを設定して、OrG 内のすべてのワークスペースのメッセージの削除権限を決定できます。また、メンバー全員、またはワークスペースのオーナーと管理者のみのいずれかからメッセージを削除できるメンバーを決めることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。
  5. 「メッセージの編集と削除」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. 管理者のみにメッセージの削除を許可するには、ボックスにチェックを入れます。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。


ワークスペースレベル

OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーは、メンバー全員、またはワークスペースのオーナーと管理者のみのいずれかからメッセージを削除できるメンバーを決めることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージの編集と削除」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「メッセージを削除できるメンバー」の項目から、メッセージを削除できるメンバーを選びます。
  6. 「保存」をクリックします。

 

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者OrG のオーナー/管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン