メンバーにシステムのメンバー種別を割り当てる

システムのメンバー種別は、オーガナイゼーションの Slack 管理に柔軟性を持たせ、管理タスクをメンバーが実行できるようにする機能です。システムのメンバー種別は、個別のメンバーに割り当てることも、IDP グループに割り当てることもできます。複数のメンバー種別を同じメンバーに割り当てることもできます。メンバーが管理タスクを実行できる場所を、Enterprise Grid オーガナイゼーションの全ワークスペースにするか、指定のワークスペースだけにするかも選択できます。


システムのメンバー種別を割り当てる

メンバー

IDP グループ

OrG レベル

OrG のプライマリーオーナー(および OrG レベルのメンバー種別管理者)は、個別のメンバーをシステムメンバー種別に割り当てることができます。また、そのメンバーが OrG 全体を管理するのか、特定のワークスペースだけを管理するのかを選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 「設定」をクリックして、「メンバーの種別」をクリックします。
  4. 割り当てるシステムのメンバー種別の横にある 3 つのドットアイコンをクリックし、「メンバーを割り当て」を選択します。
  5. 割り当てるメンバーを選択して、「次へ」をクリックします。
  6. そのメンバーの管理対象が OrG か特定のワークスペースかを選択してから、「保存」をクリックします。


ワークスペースレベル

ワークスペースのプライマリーオーナー(およびワークスペースレベルのメンバー種別管理者)は、管理しているワークスペース内で個別のメンバーをシステムのメンバー種別に割り当てることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「その他管理項目」「メンバーの種別」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、左上の「メニュー」をクリックすれば見つかります。
  4. システムのメンバー種別を選択してから、「メンバーを割り当て」をクリックします。
  5. 割り当てるメンバーを選択します。
  6. 「割り当て」をクリックします。

OrG のプライマリーオーナー(および OrG レベルのメンバー種別管理者)は、IDP グループをシステムメンバー種別に割り当てることができます。また、その IDP グループのメンバーが OrG 全体を管理するのか、特定のワークスペースだけを管理するのかを選択できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 「設定」をクリックして、「メンバーの種別」をクリックします。
  4. 割り当てるシステムのメンバー種別の横にある 3 つのドットアイコンをクリックし、「グループを割り当て」を選択します。
  5. 割り当てる IDP グループを選択して、「次へ」をクリックします。
  6. そのメンバーの管理対象が OrG か特定のワークスペースかを選択してから、「保存」をクリックします。

注 :メンバー種別管理者が別のメンバーをメンバー種別管理者に割り当てることはできません。

 

システムのメンバー種別を変更する

メンバー

IDP グループ

OrG レベル

OrG のプライマリーオーナー(および OrG レベルのメンバー種別管理者)は、個別のメンバーに割り当てられたシステムメンバー種別の変更と取り消しを行えます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 「設定」をクリックして、「メンバーの種別」をクリックします。
  4.  変更するシステムのメンバー種別の横にある 3 つのドットアイコンをクリックし、「割り当てられたメンバーを表示」を選択します。
  5. メンバー名の横にある   3 つのドットアイコンをクリックします。
  6. 変更する場合は「編集」を、メンバー種別を取り消すには「役割を無効にする」をクリックします。
  7. 「保存する」または「無効にする」をクリックして変更を確定します。

注 :メンバー種別が IDP グループ所属のメンバーに割り当てられていた場合、実行できるのはその IDP グループのシステムメンバー種別変更のみです。


ワークスペースレベル

ワークスペースのプライマリーオーナー(およびワークスペースレベルのメンバー種別管理者)は、システムのメンバー種別を取り消すことができます。ワークスペースレベルでシステムのメンバー種別を編集することはできません。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「その他管理項目」「メンバーの種別」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、左上の「メニュー」をクリックすれば見つかります。
  4. システムのメンバー種別を選択してから、「割り当てられたメンバーを表示」タブをクリックします。
  5. メンバー名の横にある   3 つのドットアイコンをクリックし、「役割を無効にする」を選択します。
  6. 「無効にする」をクリックします。

OrG のプライマリーオーナー(および OrG レベルのメンバー種別管理者)は、IDP グループに割り当てられたシステムメンバー種別の変更や取り消しを行えます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 「設定」をクリックして、「メンバーの種別」をクリックします。
  4. 変更するシステムのメンバー種別の横にある 3 つのドットアイコンをクリックし、「割り当てられたグループを表示する」を選択します。
  5. IDP グループの横にある   3 つのドットアイコンをクリックします。
  6. 変更する場合は「編集」を、メンバー種別を取り消すには「役割を無効にする」をクリックします。
  7. 「保存する」または「無効にする」をクリックして変更を確定します。

注 :システムのメンバー種別がいつどこで割り当てられたかについて、Slack でメンバーに通知されることはありません。

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG プライマリーオーナーワークスペースのプライマリーオーナー、およびシステムのメンバー種別がメンバー種別管理者のメンバー
  • Enterprise Grid プラン