シングルサインオンセッションの強制リセット

シングルサインオンがワークスペースに必須の場合、メンバーの一部または全員を対象にセッションリセットを開始できます。これにより、Slack に再度アクセスするために、メンバーは自分の Slack アカウントを ID プロバイダと統合させることになります。

注意 : セッションを強制的にリセットすると、シングルサインオン (SSO) を有効にしていないメンバーには、自分の Slack アカウントを ID プロバイダにバインドするよう求めるメールが届きません。 ワークスペースに SSO を設定するには、シングルサインオン設定ガイドを確認してください。

 

セッションを強制リセットする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」 を選択して、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」タブをクリックします。
  4. 「セッションの強制リセットと SSO バインディング」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ワークスペースのメンバー全員をログアウトするか、SSO を有効にしていないメンバーのみをログアウトするかを選択します。メンバーページで、SSO を有効にしたメンバーを表示できます。
  6. 「Reset Sessions for Users (ユーザーのセッションをリセットする)」をクリックします。

セッションリセットの対象に指定されたメンバーは全員、すべてのデバイスで Slack からサインアウトされます。規模の大きなチームでは、Slack のセッションリセットが終了するまで、数分かかることがあります。

警告 :ワークスペースのメンバー全員のサインアウトを選択した場合は、自分もサインアウトされますのでご注意ください。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー
  • スタンダードプランプラスプラン