Slack ワークスペースに参加する

Slack ワークスペースは、チャンネルで構成される共有ハブです。チームのメンバーはここでお互いにやり取りしながら仕事を進めていきます。ワークスペースに参加するには、メールアドレスを使用して Slack アカウントを作成する必要があります。 

複数のワークスペースに参加する予定の場合は、それぞれのワークスペースにつき個別のアカウントを作成する必要があります。ワークスペースへは無制限で参加でき、同じメールアドレスで作成可能な Slack アカウントの数にも制限はありません。  

ワークスペースへ参加する方法:

  • ワークスペースのメンバーからのメールによる招待を承諾する
  • 勤務先メールアドレスを使用して社内のワークスペースに自動で参加する
  • 自分のメールアドレスを検索して、参加資格のあるワークスペースを見つける

Tip : ワークスペースを作成する必要がある?その場合はSlack ワークスペースを作成する のページを参照してください。

 

招待を承諾する

招待されたワークスペースへ参加するには、招待を承諾し、そのワークスペースで Slack アカウントを作成する必要があります。手順は次のとおりです。

デスクトップ

iOS

Android

  1. メールの受信トレイに、Slack から新しい招待が届いているかどうかをチェックします。
  2. 「今すぐ参加」をクリックします。
  3. 氏名とパスワードを入力して「アカウントを作成する」をクリックします。
  1. iOS 版 Slack アプリをダウンロードします。
  2. モバイル端末のメールの受信トレイに、Slack から新しい招待が届いているかどうかをチェックします。
  3. 「今すぐ参加」をタップします。
  4. 氏名を入力し、「次へ」をタップします。
  5. パスワードを作成し、「次へ」をタップします。
  1. Android 版 Slack アプリをダウンロードします。
  2. モバイル端末のメールの受信トレイに、Slack から新しい招待が届いているかどうかをチェックします。
  3. 「今すぐ参加」をタップします。
  4. 氏名を入力し、「次へ」をタップします。
  5. パスワードを作成し、「次へ」をタップします。

 

会社のメールアドレスを使って新規登録する

ワークスペースによっては、招待を受け取らなくても @yourcompany.com など許可されたドメインのメールアドレスを使って参加できるものもあります。勤務先メールアドレスを使用して社内のワークスペースへ参加するには、次の手順に従います。

デスクトップ

iOS

Android

  1. slack.com/get-started ページにアクセスします。
  2. 「ワークスペースを検索」をクリックします。
  3. メールアドレスを入力し、「確認する」をクリックします。
  4. メールの受信トレイに、Slack から新しい確認メールが届いていないかをチェックします。メールが届いたら、メール内の 「メールアドレスを確認する」ボタンをクリックして、登録したメールアドレスが正しいことを確認します。
  5. ワークスペース名の横の「参加する」をクリックしてアカウントを作成し、ログインします。
  1. iOS 版 Slack アプリをダウンロードして開きます。
  2. 「Slack を始める」をタップします。
  3. 自分の メールアドレス を入力します。(こちらからメールを送ります!)。
  4. 同じモバイル端末で Slack からの確認メールを開き、「メールアドレスの確認」をタップしてアプリを開くか、または 「手動でサインイン」をタップして、 Slack URL とパスワードを入力します。
  5. 参加資格のあるワークスペースの一覧から、「参加する」をクリックします。 Slack Enterprise Grid オーガナイゼーションに参加する場合には、「サインイン」をクリックします。

注意 : このメールアドレスに関連する既存のワークスペースや承認待ちの招待がない場合は、「ワークスペースを新規作成する」 または「別のメールアドレスを試す」のいずれかをタップしてください。

  1. Android 版 Slack アプリをダウンロードして開きます。
  2. 「Slack を始める」をタップします。
  3. 自分の メールアドレス を入力します。(こちらからメールを送ります!)。
  4. 同じモバイル端末で Slack からの確認メールを開き、「メールアドレスの確認」をタップしてアプリを開くか、または 「手動でサインイン」をタップして、 Slack URL とパスワードを入力します。
  5. 参加資格のあるワークスペースの一覧から、「参加する」をクリックします。 Slack Enterprise Grid オーガナイゼーションに参加する場合には、「サインイン」をクリックします。

注意 : 会社でシングルサインオンが使用されている場合は、名前やメールアドレスなどの情報はすでに登録されているので、あとは ID プロバイダー (Okta、G Suite、OneLogin など) でアカウントを認証するだけです。

 

参加可能なワークスペースを検索する

Slack を使えば、メールアドレスを使用して参加する資格のあるワークスペースを見つけることができます。slack.com/get-started から 「Slack ワークスペースを検索」をクリックしてみましょう。

💡 Slack を開始する方法についてもっと詳しく知りたい場合は、Slack のはじめ方 — 新メンバー編を参照してください。

Tip : Slack のサポートチームは年中無休、24時間体制で対応しています。何かありましたら、お気軽にお問い合わせください