デフォルトのおやすみモード時間を設定する

おやすみモード (DND) の時間がワークスペースあるいは Enterprise Grid オーガナイゼーションにデフォルト設定されている場合、その時間中は、Slack からのデスクトップ通知やモバイル端末へのプッシュ通知などがメンバーに送られることは決してありません。デフォルトのおやすみモード時間を設定すると、ワークスペースまたは OrG のメンバー全員にその設定が適用されます。ただし、メンバーがおやすみモードのスケジュールを自分で設定している場合は適用されません。


デフォルトのおやすみモード時間を設定する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーや管理者がデフォルトのおやすみモード時間を設定する方法は以下のとおりです。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「おやすみモード」までスクロールダウンして「開く」をクリックします。
  4. メンバーへの通知を停止するデフォルトの時間を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーと OrG 管理者は、以下の方法で OrG 内のすべてのワークスペースのデフォルト DND 時間を設定する OrG ポリシーを追加できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のメニューの  「設定」をクリックします。その後「オーガナイゼーションのポリシー」をクリックします。
  4. 「おやすみモード」の横の「ポリシーを追加する」をクリックしてください。
  5. 「自動的に通知を無効にする」の横のボックスをチェックし、オーガナイゼーションのメンバーに通知が送られないデフォルトの時間を設定します。
  6. 「ポリシーを保存する」をクリックしてください。
  7. 「ポリシーを作成する」をクリックして確定します。

ワークスペースレベル

ワークスペースのオーナーや管理者がデフォルトのおやすみモード時間を設定する方法は以下のとおりです。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「おやすみモード」までスクロールダウンして「開く」をクリックします。
  4. メンバーへの通知を停止するデフォルトの時間を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。 

注意 : デフォルトのおやすみモード時間を設定した場合でも、メンバーは自分のおやすみモード時間を変更したり、おやすみモードのスケジュールを設定したり、おやすみモードをオフにしたりできます。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナーおよび管理者OrG のオーナーおよび管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン