シングルサインオン設定の管理

ワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、オーガナイゼーションのセキュリティをさらに高めるために、シングルサインオン(SSO)を有効化できます。ご利用の Slack プランによって、SSO に設定できる設定内容は異なります。

注意 : SAML シングルサインオンG Suite シングルサインオン で SSO を設定する方法を確認してみましょう。

Tip :  ワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、サインイン時にサインインページ下部のリンクを使って SSO 認証をスキップし、メールアドレスとパスワードだけでサインインすることができます。これにより、ID プロバイダ(IDP)に問題が発生していても、ワークスペースや OrG へのアクセスが確保できます。


SSO 設定へのアクセス

プロプラン

ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」タブをクリックし、「設定する」を押します。すでに SSO が有効化されている場合には、「設定を変更」を押してください。認証を求められる場合があります。
  4. 「設定」横の「展開」クリックして以下の内容を管理します。
    • ユーザープロフィールの同期
    • メールアドレスの変更をメンバーに許可する
    • 表示名の変更をメンバーに許可する
    • SSO 使用を必須とするメンバーを選択する
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」タブをクリックし、「設定」を押します。すでに SSO が有効化されている場合には、「設定を変更」を押してください。認証を求められる場合があります。
  4. 「設定」横の「展開」クリックして以下の内容を管理します。
    • ユーザープロフィールの同期
    • メールアドレスの変更をメンバーに許可する
    • 表示名の変更をメンバーに許可する
    • SSO 使用を必須とするメンバーを選択する
    • サインインアイコンのラベルをカスタマイズする
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。 
  3. 左側のサイドバーで、 「セキュリティ」を選択します。
  4. 「SSO 設定」をクリックします。
  5. 「環境設定」までスクロールダウンし、以下の内容を設定します。
    • SSO サインインからユーザーを除外する
    • ユーザープロフィールの同期
    • メールアドレスの変更をメンバーに許可する
    • 表示名の変更をメンバーに許可する
    • サインインアイコンのラベルをカスタマイズする


追加のセキュリティ環境設定

SSO の利用の有無にかかわらず、ワークスペースのセキュリティ強化に使用できるオプションは他にもあります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー OrG のオーナー
  • 有料プランでご利用いただけます。