Enterprise Grid での新規メンバーの体験をプレビューする

OrG の新しいメンバーが Enterprise Grid に初めてサインインするときのプロセスはどのような感じなのでしょうか?ID プロバイダでのサインインに成功したメンバーは、次のようなことを実行するよう求められます。

  • サービス利用規約を確認する
  • ワークスペースを検索して起動する


サービス利用規約を確認する

新しいメンバーがオーガナイゼーションに初めてサインインする際には、Slack のサービス利用規約を確認するよう促されます。希望に応じて、自社で作成したカスタムサービス規約をここに含めることもできます。 📜✨

「同意します」をクリックすると、次のステップに進むことができます。

Slack と Enterprise Grid オーガナイゼーションのサービス利用規約の確認を促すメッセージ


ワークスペースを検索する

次に、できるだけ早く Slack を使い始められるよう、メンバーが自分の参加するワークスペースを見つけるのをお手伝いします。 

メンバーが特定のワークスペースにすでに招待されている場合やプロビジョニングされている場合は、そのワークスペースへ移動します。

特定のワークスペースに割り当てられていないメンバーには、次のような選択肢があります。

  • 上司や同僚などが参加しているワークスペースを表示するには、チームメンバーを検索します。
  • 参加するワークスペースがわかっている場合は、特定のワークスペースを検索します。

チームのメンバーを検索して、所属するワークスペースを確認するよう促すメッセージ

注 :Enterprise Grid でアクセスできるワークスペースの数が 5 つ未満の場合には、新しいメンバーは参加できるワークスペースを探すようワークスペースディレクトリへ案内されます。

 

チームメンバーを検索する

ワークスペースを検索する

新しいメンバーは、チームのほかのメンバーを検索して、そのメンバーが参加しているワークスペースを確認できます。ワークスペースへのアクセスが「公開」「リクエスト制」または「招待制」に設定されている場合、メンバーにはそのチームメンバーが参加しているすべてのワークスペースが表示されます。

公開 メンバーを検索したあとで、検索結果からワークスペースに参加できる公開のワークスペースの場合、ただちに参加して Slack を起動できます。

 

リクエスト制 メンバーを検索したあとで、検索結果のワークスペースへの参加をリクエストできるメンバーはリクエスト制ワークスペースへの参加を申請し、承認を待つことができます。 

アクセス設定が非公開に設定されているものを除き、メンバーはオーガナイゼーションのワークスペースすべてを閲覧できます。

Enterprise Grid OrG で参加できるワークスペースすべてが表示されたブラウザページ

注 :チームメンバーが参加している招待制のワークスペースは全員に表示されますが、参加には招待が必要です。