Slack でダークモードを使用する

Slack では、さまざまなデバイスでライトモードとダークモードの 2 つの表示方法が選べます。ダークモードは背景が暗くコントラストが強いカラーテーマで、目に負担がかかりにくく、Slack での作業がしやすくなります。ダークモードの設定はデバイス別に行います。デスクトップアプリでダークモードに変更しても、この設定がブラウザやモバイルアプリの Slack に反映されることはありません。


ダークモード設定を調整する

デバイスでダークモードをオンにする手順は以下のとおりです

デスクトップ

iOS

Android

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「環境設定」を選択します。
  3. 「テーマ」をクリックして、「ダーク」を選択します。 変更は自動的に保存されます。完了したら、 (「閉じる」アイコン) をクリックします。

注意 : iOS 13 搭載のデバイスで Slack のダークモードをオンにするには、OS の設定からこの機能を有効にします。Slack の環境設定にはダークモードのオプションは表示されません。

iOS 12 以前

  1. 左にスワイプして右サイドバーを開きます。
  2. 「設定」をタップします。
  3. 「ダークモード」をオンにします。

iOS 13

  1. お使いの iOS デバイスで「設定」を開きます。
  2. 「画面表示と明るさ」をタップします。
  3.  「外観モード」「ダーク」を選択します。
  1.  (オーバーフローメニュー) アイコンをタップします。
  2. 「設定」をタップします。
  3. 「一般」から「ダークモード」をタップします。

注意 : Android 9 以前を搭載しているデバイスでは、「バッテリーセーバー」を選択すると、デバイスをバッテリーセーバーモードに切り替えた際に Slack を自動でダークモードに切り替えることができます。


ダークモードを OS の設定と同期する

Mac、iOS 13、Android 10 の Slack アプリでは、Slack のダークモードをオペレーティングシステムの設定と同期することができます。iOS 13 ではこの同期が自動的に行われます。以下の手順で Slack のダークモードを Mac や Android 10 の OS の設定と同期することができます。

Mac

Android

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「環境設定」を選択します。
  3. 「テーマ」を選択します。
  4. 「OS の設定と同期する」の横のボックスにチェックを入れます。

注意 :ダークモードを OS の設定と同期するオプションが表示されない場合には、Mac 版 Slack アプリのバージョンが最新かどうかを確認してください。

  1.  (オーバーフローメニュー) アイコンをタップします。
  2. 「設定」をタップします。
  3. 「一般」から「システムのデフォルト」を選択します。

Windows や Linux などの他のオペレーティングシステムでは、デバイスのライトモードとダークモードが切り替えられた際に Slack のダークモードが自動で切り替わることはありません。現在この対応に取り組んでいますので、今後のアップデートにご期待ください!