Enterprise Grid でモバイルパスコードまたは生体認証を必須にする

Enterprise Grid オーガナイゼーションでは、OrG オーナーは、管理されていないデバイスから Slack にアクセスするメンバー全員に二次認証の使用を必須にすることができます。この設定を有効にすると、iOS/Android 版 Slack アプリの操作が一定時間なかった場合にパスコードの入力または生体認証 (指紋や顔認識など) の使用が必要となります。

注意 : この機能を使用するには、iOS ユーザーは Slack アプリを19.07.30以降のバージョンに更新する必要があります。Android ユーザーの場合には、必ずバージョン19.07.31以降を使用するようにしてください。


二次認証を必須にする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「オーガナイゼーションの管理」を選択します。
  3. 左サイドバーの「セキュリティ」をクリックし、続けて「セキュリティの設定」を選択します。
  4. 「モバイルデバイスのパスコード」「管理されていないモバイルデバイスで必須」の横のボックスにチェックを入れます。
  5. ドロップダウンメニューから、メンバーがモバイルアプリの操作を終了してからどれくらいの時間が経過した後に認証を必須とするかを選択します。
  6.  「変更を保存する」  をクリックします。


解除による影響

二次認証を有効にすると、メンバー全員に対して次回 Slack モバイルアプリを開いたときに6桁のパスコードの入力が求められます。対応デバイスを使用している場合には、生体認証 (指紋認証や顔認証など) を設定するオプションも表示されます。設定が完了すると、Slack アプリが読み込まれ、Enterprise Grid OrG にアクセスできるようになります。

Tip: メンバーが iOS / Android デバイスでモバイルパスコードまたは生体認証を設定する方法はこちらを参照してください

この機能を使えるのは誰?
  • OrG オーナーのみ 
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

Enterprise Grid オーガナイゼーションの OrG オーナーは、管理されていないモバイルデバイスから Slack にアクセスするメンバー全員が二次認証を必ず使用するように設定できます。この設定を有効にすると、モバイル版 Slack の操作が一定時間なかった場合にパスコードの入力または生体認証 (指紋や顔認識など) の使用が必要となります。

注意 : この機能を使用するには、iOS ユーザーは 19.07.30 以降のバージョンに Slack アプリを更新する必要があります。Android ユーザーの場合には、必ずバージョン19.07.31以降を使用するようにしてください。

二次認証を必須にする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの「セキュリティ」をクリックし、続けて「セキュリティの設定」を選択します。
  4. 「モバイルデバイスのパスコード」「管理されていないモバイルデバイスで必須」の横のボックスにチェックを入れます。
  5. ドロップダウンメニューから、メンバーがモバイルアプリの操作を終了してからどれくらいの時間が経過した後に認証を必須とするかを選択します。
  6.  Save Changes  (変更を保存する) をクリックします。


支払い遅延が起きたらどうなる?

二次認証を有効にすると、メンバー全員に対して次回 Slack モバイルアプリを開いたときに6桁のパスコードの入力が求められます。対応デバイスを使用している場合には、生体認証 (指紋認証や顔認証など) を設定するオプションも表示されます。設定が完了すると、Slack アプリが読み込まれ、Enterprise Grid OrG にアクセスできるようになります。

Tip : メンバーが iOS や Android デバイスでモバイルパスコードまたは生体認証を設定する方法はこちらを参照してください

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナー 
  • Enterprise Grid プランで利用できます。