Enterprise Grid でモバイル用パスコードを必須にする

Enterprise Grid オーガナイゼーションでは、OrG オーナーが管理下にないモバイルデバイスから Slack にアクセスするすべてのメンバーに対して、Slack モバイルアプリの操作を停止してから一定時間経過後に、パスコード、指紋認証、または顔認証の使用を要求できます。この設定を有効にした場合、OrG のオーナーは、Slack モバイル通知に表示される情報の量を制限することで、管理下にないモバイルデバイスに対するセキュリティをさらに高められます。

設定による影響

  • OrG へのアクセスにパスコードが必須になると、管理下にないデバイスを使用しているメンバーは、次回 Slack モバイルアプリを開いた時に、6 桁のパスコードの入力を求められます。
  • メンバーが対応デバイスを使用している場合は、Slack モバイルアプリへのサインインのために生体認証(指紋認証や顔認証など)を設定する選択肢も表示されます。
  • パスコードを必須とするにあたり、OrG オーナーはメンバーが使用している、管理下にないデバイスへの通知内容を選択できます。

    通知にメッセージの内容を表示しない

    メッセージの内容が含まれないモバイル通知のスクリーンショット
    送信者の名前のみ表示 
    送信者名のみを含むモバイル通知のスクリーンショット

    メッセージの内容全体を含むモバイル通知のスクリーンショットalt

注意 :この機能を使用するには、iOS ユーザーは 19.07.30 以降のバージョンに Slack アプリを更新する必要があります。Android ユーザーは、バージョン 19.07.31 以降をご使用ください。

二次認証を必須にする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの 「セキュリティ」をクリックし、続けて「セキュリティの設定」を選択します。
  4. 「モバイルデバイスのパスコード」「有効にする」をクリックする。
  5. ドロップダウンメニューから、メンバーがモバイルアプリの操作をやめてからどれくらいの時間が経過したあとに再認証を要求するかを選択します。
  6. 「通知プレビュー」の下から、選択肢を選びます。
  7. 「有効にする」をクリックします。

Tip : モバイルパスコードが使用されている Enterprise Grid OrG のメンバーが、iOS や Android デバイスでモバイルパスコードまたは生体認証を設定する方法については、こちらを参照してください

誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナー 
  • Enterprise Grid プランで利用可能