ワークフロービルダーのアクセスと権限を管理する

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー/管理者 と OrG のオーナー/管理者
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフロービルダー は、Slack で定型的なプロセスを自動化できるツールです。デフォルトでは、ゲスト以外のワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。 

  • スタンダードプラン と プラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者がワークフローの作成権限を一部のメンバーに制限し、メンバーが Webhook を使ってワークフローを作成 できるかどうか、ワークフローのフォームデータをダウンロードできるかを決めることができます。
  • Enterprise Grid プランでは、OrG のオーナーと管理者は OrG ポリシーを設定して 、ワークフローの作成権限があるメンバーや、特定のワークフロー作成機能へアクセスできるメンバーを制限することができます。また、 OrG オーナーと管理者は自身のオーガナイゼーションでワークフロービルダーを無効にすることもできます。

注意 : 現時点では、ワークフロー経由で収集されるデータは Slack Enterprise Key Management (EKM) での暗号化の対象外となっています。

 

ワークフロービルダーの権限を設定する

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークフローの作成を制限する

デフォルトでは、ワークスペースのメンバーはワークフローを作成することができます。このアクセスを一部のメンバーに制限するには、次の手順に従ってください :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. Permissions (権限)をクリックします。
  4. 「ワークフローの作成」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ワークフローの作成ができるメンバーを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

注意 :
メンバーのワークフロー作成権限を無効にした場合でも、そのメンバーはそれ以前に自ら作成したワークフローについては引き続き管理を行うことができます。


ワークフローの作成機能を管理する

デフォルトでは、ワークフローの作成権限を持つメンバーは Webhook を使用してワークフローを作成したり、ワークフローのフォームデータをダウンロードすることができます。これらの機能へのアクセスを管理するには、次の手順に沿ってください : 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「ワークスペースの設定」を選択します。 
  3.  「権限」をクリックします。 
  4. アクセスを管理したい機能の横にある 「開く」をクリックします。
  5. ボックスにチェックを付けるか外します。 
  6.  Save をクリックして設定終了です。

Enterprise Grid プランでは、OrG のオーナーと管理者は、OrG のワークフロービルダーを無効にしたり、OrG 全体のポリシーを設定してすべてのワークスペースで以下の権限を管理することができます :

注意 : ワークフロービルダーが有効になっていてワークフロー作成の OrG ポリシーが設定されていない場合には、ゲスト以外のすべてのメンバーがワークフローを作成できるようになります。ただし、ワークスペースのオーナーと管理者はワークフローの作成権限をワークスペースの一部のメンバーに制限することができます。

OrG のワークフロービルダーへのアクセスを管理する

ワークフロービルダーを有効または無効にするには、次の手順に従ってください : 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  3. 左側のサイドバーで、  「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. ワークフロービルダーの横にある「有効にする」 または 「無効にする」を選択します。その後、 「有効にする」または 「無効にする」をクリックして確定します。

注意 : ワークフロービルダーが無効になる前に作成されたワークフローはいずれも有効なままとなり、誰でも使用できます。メンバーがワークフローを起動できないようにするには、自分自身をワークフローのコラボレーターとして追加してメンバーを削除 (または既存のコラボレーターにこれを依頼) してください。


ワークフロービルダーの OrG ポリシーを設定する

ワークフロービルダーが有効になると、OrG のオーナーと管理者は OrG ポリシーを設定してワークフローの作成権限とその作成機能へのアクセスを管理することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  3. 左側のサイドバーで、 「設定」を選択し、続けて「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 設定したいポリシーの横にある 「ポリシーの追加」をクリックします。 
  5. 表示される内容に従って 「ポリシーを保存する」を選択します。「ポリシーを作成する」をクリックして確定します。

注意 :OrG ポリシーが設定されていると、ワークスペースのオーナーと管理者はワークスペースでワークフローの権限を管理できなくなります。


ワークスペースでのワークフロービルダーの権限を管理する

ワークフロービルダーが有効になっていて、ワークフローの作成や機能へのアクセスに関する OrG ポリシーが設定されていない場合は、ワークスペースのオーナーと管理者はワークスペースでの権限を管理することができます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」>「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. Permissions (権限)をクリックします。
  4. 管理したいワークフロービルダーの権限の横にある 「開く」をクリックします。 
  5. 変更したい内容を加えて 「保存」をクリックします。 

 

公開されたワークフローを確認する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースのメンバーが作成・公開したワークフローすべてを表示することができます。 

注意 :現時点では、OrG のオーナーと管理者は Enterprise Grid OrG で作成されたワークフローすべてを表示することはできません。ワークスペースでのワークフローすべてを表示できるのは、そのワークスペースのオーナーまたは管理者のみとなっています。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 確認したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「表示」を選択します。

 

公開されたワークフローを管理する

また、ワークスペースのオーナーと管理者がコラボレーターである場合、ワークフローを編集したり、公開を停止したり、Slack から削除することもできます。 

自分自身をコラボレーターとして追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横の  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. 「編集」を選択し、「自分を追加する」をクリックしてコラボレーターとして追加します。

注意 : ワークフローで自身をコラボレーターとして追加すると、既存のコラボレーターには Slackbot から通知が届きます。

ワークフローを管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ワークフロービルダー」を選択します。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. メニューからオプションを選択し、変更内容を保存するかアクションを確定します。

Tip : コラボレーター全員がワークスペースを退会し、コレボレーター不在となった場合には、ワークスペースのオーナーや管理者がコラボレーターとして自身を追加してワークフローを管理することができます。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー/管理者 と OrG のオーナー/管理者
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフロービルダー は、Slack で定型的なプロセスを自動化できるツールです。デフォルトでは、ゲスト以外のワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。 

  • スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者がワークフローの作成権限を一部のメンバーに限定し、メンバーが Webhook を使ってワークフローを作成できるかどうか、ワークフローのフォームデータをダウンロードできるかを決めることができます。
  • Enterprise Grid プランでは、OrG のオーナーと管理者は OrG ポリシーを設定して 、ワークフローの作成権限があるメンバーや、特定のワークフロー作成機能へアクセスできるメンバーを制限することができます。また、 OrG オーナーと管理者は自身のオーガナイゼーションでワークフロービルダーを無効にすることもできます。

注意 :  現時点では、ワークフロー経由で収集されるデータは Slack Enterprise Key Management (EKM) での暗号化の対象外となっています。

 

ワークフロービルダーの権限を設定する

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークフローの作成を制限する

デフォルトでは、ワークスペースのメンバーはワークフローを作成することができます。ワークフローを作成できるメンバーを限定するには、次の手順を使用します。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. Permissions (権限)をクリックします。
  4. 「ワークフローの作成」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ワークフローの作成ができるメンバーを選択します。
  6.  Save  をクリックして設定を保存します。

注意 :  メンバーのワークフロー作成権限を無効にした場合でも、そのメンバーは無効化前に自分で作成したワークフローについては引き続き管理を行うことができます。


ワークフローの作成機能を管理する

デフォルトでは、ワークフローの作成権限を持つメンバーは Webhook を使用してワークフローを作成したり、ワークフローのフォームデータをダウンロードすることができます。これらの機能へのアクセスを管理するには、次の手順に沿ってください。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。 
  3. 「権限」をクリックします。 
  4. アクセスを管理したい機能の横にある「開く」をクリックします。 
  5. ボックスにチェックを付けるか外します。 
  6.  Save (保存する) をクリックします。 

Enterprise Grid プランでは、OrG のオーナーと管理者は、OrG のワークフロービルダーを無効にしたり、OrG 全体のポリシーを設定してすべてのワークスペースで以下の権限を管理することができます :

注意 :  ワークフロービルダーが有効であるときに、ワークフロー作成の OrG ポリシーが設定されていない場合は、ゲスト以外のすべてのメンバーがワークフローを作成できます。ただし、ワークスペースのオーナーと管理者はワークフローの作成権限をワークスペースの一部のメンバーに制限することができます。

OrG のワークフロービルダーへのアクセスを管理する

Org のワークフロービルダーを有効または無効にするには、次の手順を使用します。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、  「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. ワークフロービルダーの横にある「有効にする」 または 「無効にする」を選択します。その後、 「有効にする」または 「無効にする」をクリックして確定します。

注意 :  ワークフロービルダーが無効になる前に作成されたワークフローはいずれも引き続きアクティブであり、誰でも使用できます。メンバーがワークフローを起動できないようにするには、自分自身をワークフローのコラボレーターとして追加してメンバーを削除 (または既存のコラボレーターにこれを依頼) してください。


ワークフロービルダーの OrG ポリシーを設定する

ワークフロービルダーが有効になると、OrG のオーナーと管理者は OrG ポリシーを設定してワークフローの作成権限とその作成機能へのアクセスを管理することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、 「設定」を選択し、続けて「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 設定するポリシーの横にある「ポリシーの追加」をクリックします。 
  5. 表示される内容に従って 「ポリシーを保存する」を選択します。「ポリシーを作成する」をクリックして確定します。

注意 : OrG ポリシーが設定されていると、ワークスペースのオーナーと管理者はワークスペースでワークフローの権限を管理できなくなります。


ワークスペースでのワークフロービルダーの権限を管理する

ワークフロービルダーが有効であるときに、ワークフローの作成や機能へのアクセスに関する OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者はワークスペースでの権限を管理できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. Permissions (権限)をクリックします。
  4. 管理したいワークフロービルダーの権限の横にある「開く」をクリックします。 
  5. 必要な変更を加えて「保存」をクリックします。 

 

公開されたワークフローを確認する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースのメンバーが作成・公開したワークフローすべてを表示することができます。 

注意 : 現時点では、OrG のオーナーと管理者は Enterprise Grid OrG で作成されたすべてのワークフローを表示できるわけではありません。ワークスペースでのワークフローすべてを表示できるのは、そのワークスペースのオーナーまたは管理者のみとなっています。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 確認したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。続けて、「表示」を選択します。

 

公開されたワークフローを管理する

また、ワークスペースのオーナーと管理者がコラボレーターである場合は、ワークフローの編集、公開の停止、Slack からの削除もできます。 

自分自身をコラボレーターとして追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横の  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. 「編集」を選択し、「自分を追加する」をクリックしてコラボレーターとして追加します。

注意 :  ワークフローで自身をコラボレーターとして追加すると、既存のコラボレーターに Slackbot から通知が届きます。

ワークフローを管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横にある  (3 つのドットアイコン) をクリックします。
  5. メニューからオプションを選択し、変更内容を保存するかアクションを確定します。

Tip : コラボレーター全員がワークスペースから退会し、不在となった場合には、ワークスペースのオーナーや管理者がコラボレーターとして自身を追加してワークフローを管理することができます。