Enterprise Grid でジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスをブロックする

この機能を使えるのは誰?
  • OrG オーナー
  • Enterprise Grid プランで利用できます。

OrG のデータを安全に保つため、Enterprise Grid プランの OrG オーナーはメンバーがジェイルブレイクされた iOS とルート化された Android デバイスから Slack へアクセスできないようにすることができます。この設定が有効になると、メンバーのデバイスがジェイルブレイクされたりルート化されていると見られる場合には、そのメンバーは OrG 内のどのワークスペースにもアクセスできなくなります。*

Tip : 管理対象のモバイルデバイスと管理対象外のモバイルデバイスに対する Slack のセキュリティオプションについてもっと詳しくは、Enterprise Grid のモバイルセキュリティを参照してください。

 

メンバーへの影響

この設定が有効になると、メンバーがサインインしようとした際や、Slack がジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスのチェックを行った際にブロックされる場合があります :

  •  ジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスからシングルサインオン使用しているメンバーは、 Slack へのサインイン時にブロックされます。
  • ジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスでメールアドレスとパスワードを使用してサインインするメンバーは、 Slack にアクセスできる場合がありますが、次回 Slack がジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスのチェックを行った際にサインアウトされます。
  • ジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスでブラウザからサインインしているメンバーは、 Slack へ正常にサインインすることができますが、次回 Slack がジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスの確認を行ったときにサインアウトされます。

ジェイルブレイクまたはルート化されたデバイスをブロックする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「セキュリティ」クリックします
  4. 「セキュリティの設定」選択します
  5. 「ジェイルブレイク/ルート化されたデバイスをブロックする」見つけて「有効にする」クリックします
  6. 詳細を確認して「有効にする」をクリックして確定します。

* Slack は業界のベストプラクティスに基づいてこの検知アルゴリズムを開発しました。Slack のシステムは、侵害されたデバイスを完全に検知できるとは限りませんのでご注意ください。また、侵害の対象とならないデバイスをフラッグする誤検知が起こる場合もあります。