Enterprise Grid でアプリの最小バージョンを設定する

Enterprise Grid プランを利用している OrG オーナーは、iOS または Android 用 Slack アプリの最小バージョンを設定し、その使用をメンバーに要求することができます。これにより、最新のセキュリティ機能やアップデートを適用できます。メンバーは、アプリのアップデートを要求され、アップデートしない場合は Enterprise Grid の OrG のワークスペースすべてからサインアウトされます。

設定による影響

  • アプリの最小バージョンを設定するとき、この機能をすぐに有効にするか、72 時間の猶予期間後に有効にするかを選択できます。
  • この機能をすぐに有効にするよう設定した場合、古いバージョンのアプリを使用しているメンバーは、Slack からサインアウトされ、アップデートするように要求されます。
  • 猶予期間を設定した場合、古いバージョンのアプリを使用しているメンバーは、72 時間以内にアップデートするように要求されます。猶予期間が終了する前にアップデートしなかったメンバーは、Slack からサインアウトされ、再度サインインするためにアプリをアップデートするよう求められます。


アプリの最小バージョンを設定する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「セキュリティ」をクリックし、続けて「セキュリティの設定」を選択します。
  4. 次に「アプリの最小バージョン」を開き、「有効にする」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューからアプリのバージョンを選択します。変更をすぐに有効化するか、72 時間の猶予期間後に有効にするかを選択します。
  6. 「有効にする」をクリックします。

Tip :ネイティブのモバイルセキュリティ機能またはエンタープライズモビリティ管理について詳しくは、モバイルセキュリティのガイドを参照してください。

この機能を使えるのは誰?
  • OrG オーナー
  • Enterprise Grid プラン