チャンネル管理ツールの権限を管理する

チャンネル管理ツールを使うと、オーナーと管理者の一部は、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーション内にある既存チャンネル一覧の表示や、チャンネルに対するアクションの実行をダッシュボードで一元的に処理できます。プラスプランでのワークスペースのプライマリーオーナー、および Enterprise Grid プランでの OrG プライマリーオーナーは、誰がツールを使用できるかを管理できます。


チャンネルの管理権限を設定する

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、ワークスペースのオーナーと管理者の全員が、チャンネル管理ツールを使ってパブリックチャンネルを管理できます。ワークスペースのプライマリーオーナーはプライベートチャンネルも管理でき、ほかのワークスペースのオーナーや管理者に管理を許可することもできます。

注意 : ワークスペースに対してすべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートのリクエストが承認されても、プライベートチャンネルにはチャンネル管理ツールでのみアクセスできます。

権限を管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」をクリックし、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「プライベートチャンネルへのアクセス」横の「編集」をクリックします。
  5. 環境設定を行い、「保存」をクリックします。

デフォルトでは、OrG プライマリーオーナーは OrG 内のすべてのパブリックチャンネルとプライベートチャンネルを管理でき、ワークスペースのオーナーと管理者は自分のワークスペースにあるパブリックチャンネルを管理できます。OrG プライマリーオーナーは、チャンネル管理権限を拡大して次を許可できます。

  • OrG オーナーと OrG 管理者は、OrG のパブリックチャンネルとプライベートチャンネルを管理できます。
  • ワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者は、管理する個々のワークスペースのプライベートチャンネルを管理できます。


権限を管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」をクリックし、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの「設定」をクリックし、「チャンネル管理」を選択します。
  4. 権限を管理するチャンネルタイプの横にある「編集」をクリックします。
  5. 環境設定を行い、「設定を保存する」をクリックします。

注意 : プライベートチャンネルの管理権限を持つオーナーと管理者でも、プライベートチャンネルで送信されたメッセージやファイルをチャンネル管理ツールで表示することはできません。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのプライマリーオーナー(プラス) および OrG プライマリーオーナー(Enterprise Grid)
  • プラスEnterprise Grid の各プラン