チャンネル用メールアドレスの作成権限を管理する

デフォルトでは、Slack の有料プランを利用しているメンバー全員(ゲストを除く)が、チャンネルまたはダイレクトメッセージ(DM)用のメールアドレスを作成して Slack でメッセージを受信できます。必要に応じて、オーナーと管理者はこの機能へのアクセスを管理できます。

  • スタンダードプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者はチャンネル用メールアドレスの作成権限をオーナーと管理者のみ、またはオーナー、管理者と一部のメンバーに制限することができます。
  • プラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者はチャンネル用メールアドレスの作成権限をオーナーと管理者のみ、またはオーナー、管理者と一部のメンバーに制限することができます。また、ドメインの許可リストを作成して、Slack に送信できるメールを制限することもできます。
  • Enterprise Grid プランでは、オーナーと管理者は、OrG 内のすべてのワークスペースでこの機能を無効化したり、OrG ポリシーを設定して、チャンネル用メールアドレスの作成権限があるメンバーを制限したりできます。また、ドメインの許可リストを作成して、Slack に送信できるメールを制限することもできます。 


チャンネル用メールアドレスの作成権限を設定する

スタンダードプラン

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、チャンネルと DM 用のメールアドレスの作成権限があるメンバーを制限することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「すべてのオーナーと管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存する」をクリックします。

ワークスペースのオーナーと管理者は、チャンネルと DM 用のメールアドレスの作成権限があるメンバーを制限することができます。必要に応じて、ドメイン許可リストを作成して、特定のドメインからのメールのみが Slack に送信されるように設定することもできます。

権限を管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「すべてのオーナーと管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存」をクリックします。


メールドメインの許可リストを作成する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「設定」タブをクリックします。
  4. 「チャンネルにメールを送信できる人を制限する」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネル用メールアドレスのドメイン許可リストを有効にする」の横のボックスにチェックを入れます。
  6. テキストフィールドにドメインを追加して、「保存する」をクリックします。

チャンネル用メールアドレスチャネルの作成権限を有効または無効にする

OrG オーナーと OrG 管理者は、その OrG 内でチャンネル用メールアドレスを作成するメンバーの権限を管理できます。  

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択して、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. チャンネル用メールアドレス」の横にある「有効にする」または「無効にする」を選択します。

注意 : この機能が無効化される前に作成されたチャンネルと DM 用のメールアドレスは、引き続き使用できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、参加しているすべてのチャンネルのメールアドレスを取り消すことができます。


チャンネル用メールアドレスの作成に関する OrG ポリシーを設定する

この機能が有効化されている場合、OrG のオーナーと管理者は、OrG ポリシーを設定して、チャンネル用メールアドレスの作成権限があるメンバーを制限することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。
  5. 「Email addresses for channels(チャンネル用メールアドレス)」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「以下の特定のユーザーも含めます」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーをドロップダウンメニューから選択できます。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。


ワークスペースのチャンネル用メールアドレスの作成権限を管理する

この機能が有効化され、OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースでチャンネルと DM 用のメールアドレスの作成権限があるメンバーを制限することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存する」をクリックします。 


メールドメインの許可リストを作成する

この機能が有効化されている場合、OrG オーナーと OrG 管理者はドメインの許可リストを作成して、特定のドメインからのメールのみが Slack に送信されるように設定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネル用メールアドレスのドメイン許可リストを有効にする」の横のボックスにチェックを入れます。
  6. テキストフィールドにドメインを追加して、「保存する」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーおよび管理者OrG のオーナーおよび管理者
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン