ワークスペースまたはオーガナイゼーションの受信メールを管理する

Slack にメールを送信することで、仕事上のコミュニケーションをすべて 1 か所にまとめられます。プラスプランおよび Enterprise Grid プランのオーナーと管理者は、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションに対して受信メールを有効または無効にできます。有料プランのオーナーと管理者は、チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限をメンバーに付与するかどうかを決定できます。


受信メールを管理する

プラスプランおよび Enterprise Grid プランのオーナーと管理者は、ワークスペースまたはオーガナイゼーションでの受信メールを許可するかどうかを決定できます。

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「受信メール」の横の「展開」をクリックします。
  4. 「受信メールを有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  5. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーと OrG 管理者は、OrG ポリシーを設定して、OrG 内の全ワークスペースで受信メールを許可するかどうかを決定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーから 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「受信メール」の横の「ポリシーの追加」をクリックします。
  5. 「受信メールを有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  6. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。

ワークスペースレベル

OrG ポリシーを設定していない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースで受信メールを許可するかどうかを決定できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「受信メール」の横の「展開」をクリックします。
  4. 「受信メールを有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  5. 「保存」をクリックします。

注意 :受信メールが無効の場合も、メンバーは引き続きメールアプリで Slack にメールを送信できます。メールを送信できないようにするには、ワークスペースのオーナーがメールアプリを制限するアプリをワークスペースから削除してください。

注意 :スタンダードプランのオーナーと管理者は、ワークスペースの受信メールを管理できません。


チャンネルと DM にメールを送信するための権限を管理する

デフォルトでは、すべてのメンバー(ゲストを除く)がチャンネルと DM にメールを送信するためのメールアドレスを作成できます。オーナーと管理者は、必要に応じてこの機能へのアクセスを管理できます。

スタンダードプラン

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内のチャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限を次の手順でメンバーに付与できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「すべてのオーナーと管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存する」をクリックします。

受信メールが有効化されている場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内のチャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限をメンバーに付与できます。

権限を管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「すべてのオーナーと管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存」をクリックします。

チャンネルと DM 用のメールアドレス作成を OrG レベルで有効または無効にする

受信メールが有効化されている場合、OrG オーナーと管理者は、メンバーが OrG 内のチャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限を管理できます。  

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択して、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. チャンネル用メールアドレス」の横にある「有効にする」または「無効にする」を選択します。その後、「Enable(有効にする)」または「Disable(無効にする)」をクリックして確定します。

注意 :この機能が無効化される前に作成されたチャンネルと DM 用のメールアドレスは、引き続き使用できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、参加しているすべてのチャンネルと DM のメールアドレスを取り消すことができます。


チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成できるメンバーを管理するための OrG ポリシーを設定する

この機能が有効化されている場合、OrG のオーナーと管理者は、OrG ポリシーを設定して、チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限があるメンバーを管理できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。
  5. 「Email addresses for channels(チャンネル用メールアドレス)」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「以下の特定のユーザーも含めます」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーをドロップダウンメニューから選択できます。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。


チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成できるメンバーをワークスペースレベルで管理する

この機能が有効化され、OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、チャンネルと DM 用のメールアドレスを作成する権限を次の手順でメンバーに付与できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. チャンネル用メールアドレスを作成できるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「これら特定のユーザーとグループも含める」の横のボックスにチェックを入れて、追加するメンバーまたはユーザーグループをドロップダウンメニューから選択できます。
  6. 「保存する」をクリックします。 


メールドメインの許可リストを作成する

必要に応じて、OrG オーナーと OrG 管理者はメールドメインの許可リストを作成して、特定のドメインからのメールのみが Slack に送信されるように設定できます。 

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「設定」タブをクリックします。
  4. 「チャンネルにメールを送信できる人を制限する」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネル用メールアドレスのドメイン許可リストを有効にする」の横のボックスにチェックを入れます。
  6. テキストフィールドにドメインを追加して、「保存する」をクリックします。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「チャンネル用メールアドレス」の横にある「開く」をクリックします。
  5. 「チャンネル用メールアドレスのドメイン許可リストを有効にする」の横のボックスにチェックを入れます。
  6. テキストフィールドにドメインを追加して、「保存する」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーおよび管理者OrG のオーナーおよび管理者
  • 有料プランでご利用いただけます。