Slack コネクトダイレクトメッセージの設定と権限を管理する

Slack コネクトを使うと、他社のメンバーとダイレクトメッセージ(DM)で一緒に働くことができます。プロプランとビジネスプラスプランのオーナー、Enterprise Grid プランの OrG オーナーと OrG 管理者は、Slack コネクト DM の次の設定と権限を調整できます。

Note:メンバーがすでにチャンネル内で一緒に働いている人への DM 送信は、これらの設定と権限の影響を受けません。


Slack コネクト DM を有効または無効にする

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、メンバーは社外のメンバーとの DM を開始できます。ワークスペースのオーナーは、このオプションを有効または無効にできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトのダイレクトメッセージ」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「Slack コネクトのダイレクトメッセージを有効にする」の横のボックスにチェックを入れるか、チェックを外します。
  6. 「保存」をクリックします。

デフォルトでは、メンバーは社外のメンバーとの DM を開始できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、このオプションを有効または無効にできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「ダイレクトメッセージ」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


DM の招待の送信と承諾を実行できる人を選択する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、メンバーは社外メンバーとの DM への招待を送信および承諾できます。ワークスペースのオーナーは、この権限を持つメンバーを変更できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトのダイレクトメッセージ」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「DM の招待の送信と承諾を実行できる人は?」で、オプションを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

デフォルトでは、メンバーは社外メンバーとの DM への招待を送信および承諾できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、この権限を持つメンバーを変更できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「ダイレクトメッセージ」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「オーガナイゼーション外の人に対し、招待をダイレクトメッセージで送信および承諾できるのは誰ですか?」で、オプションを選択します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


未検証オーガナイゼーションからの DM への招待を許可または制限する

有料プランをご利用の場合、Slack によって自分のオーガナイゼーションが検証済みであれば、オーナーと管理者は未検証オーガナイゼーションからの DM への招待を制限または許可できます。

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、メンバーは全オーガナイゼーションからの DM への招待を承諾できます。ワークスペースのオーナーは必要に応じて、検証済みオーガナイゼーションからの招待のみをメンバーが承諾できるように、この権限を制限できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトのダイレクトメッセージ」の横の「開く」をクリックします。
  5. 「未検証オーガナイゼーションからのダイレクトメッセージへの招待を許可する」で、「Slack コネクトで有効にする」の横にあるボックスにチェックを付けるか外します。
  6. 「保存」をクリックします。
デフォルトでは、メンバーが承諾できるのは、検証済みオーガナイゼーションからの DM への招待のみです。OrG オーナーと OrG 管理者は必要に応じて、全オーガナイゼーションからの招待をメンバーが承諾できるように、この権限を変更できます。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「ダイレクトメッセージ」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「メンバーが未検証オーガナイゼーションからの DM への招待を承諾するのを許可する」で、「有効にする」の横にあるボックスにチェックを付けるか外します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。

Note:この権限を制限しても、メンバーが DM への招待を未検証オーガナイゼーションに送信する権限に影響はありません。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー(フリー、プロ、ビジネスプラス)、OrG オーナー / OrG 管理者(Enterprise Grid)
  • すべてのプランで利用できます