Slack フリープランでのメッセージ、ファイルやアプリの制限

Slack のフリープランは無期限で使うことができますが、いくつかの制限もあります。

  • 閲覧と検索の範囲が、直近のメッセージ 10,000 件までに制限されます。
  • ワークスペースのファイルストレージ上限である 5GB に達すると、新しいファイルのアップロード時に古いファイルがアーカイブされます。
  • ワークスペースで利用できるサードパーティ製アプリやカスタムアプリの数は最大 10 件です。

Tip : 有料プランへアップグレードすると、メッセージやアプリの上限がなくなり、ワークスペースのファイルストレージ容量が増加します。 

 

メッセージの表示制限

Slack のメンバーが送れるメッセージの数には制限がありませんが、検索・閲覧できるのは直近のメッセージ 10,000 件までです。削除されたメッセージはこの制限の対象外となります。

ワークスペースがメッセージの表示制限を超えてしまっても、大丈夫!メンバーは引き続きメッセージを送信できますが、古いメッセージはアーカイブされます。ワークスペースを有料プランにアップグレードすれば、アーカイブされたメッセージもすべて再び利用できるようになります。


メッセージに数えられるのは?

メッセージフィールドに入力してチャンネルやダイレクトメッセージに送ったものを、1 件のメッセージとして数えます。一言だけのメッセージも、1 つの絵文字だけのメッセージも、段落がたくさんある 500 語のメッセージも、同様に 1 件のメッセージとしてカウントされます。

リンク、スニペット、ポスト、アップロードしたファイル、スレッドの返信、アーカイブしたチャンネルのメッセージ、ボットユーザーからのメッセージも、ワークスペースの送信済みメッセージの合計数として加算されます。

 

ファイルのストレージ容量制限

Slack フリープランのワークスペースのファイルストレージの上限は 5GB です。PDF、ドキュメント、画像、スクリーンショット、音声や動画ファイルなど、チャンネルやダイレクトメッセージにアップロードした内容はすべてこの上限に対して加算されます。

ワークスペースのストレージ上限に達しても、引き続きファイルをアップロードすることはできますが、新しいファイルをアップロードできるように、古いファイルがアーカイブされます。アーカイブされたファイルは、チャンネル、ダイレクトメッセージ、検索結果には表示されなくなります。

有料プランにアップグレードすれば、メッセージと同様に、アーカイブされたファイルもすぐに再び利用できるようになります。アップグレード後のファイルストレージ上限は、ワークスペースのメンバーの合計人数 (マルチチャンネルゲストを含む) により、以下のように決まります。

  • メンバーごとに 10GB - スタンダードプラン
  • メンバーごとに 20GBプラスプラン 

注意 : 削除されたファイルやアプリ (Google Drive や Dropbox など) 経由で共有したファイルは、ファイルストレージの上限に対しては加算されません。