Slack のキーボードショートカット

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。デスクトップの Slack から,(Mac)または Ctrl,(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。デスクトップの Slack からö(Mac)または Ctrlö(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。/(Mac)または Ctrl/(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。(Mac)または Ctrl(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。'(Mac)または Ctrl'(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。

Slack のキーボードショートカットを使うと、すばやく移動できます。à(Mac)または Ctrlà(Windows/Linux)を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます。詳細については、以下をお読みください。 

今後の予定

  • キーボードが英語以外の言語に設定されている場合、アスタリスク 1 個(*)が記載されたショートカットは、リストに表示されている内容と異なる動作になる場合があります。
  • アスタリスク 2 個(**)が記載されたショートカットは、Slack デスクトップアプリでのみ機能します。
  • 現時点では、Slack のカスタムキーボードショートカットを設定できません。

Tip :  キーボードのアクセシビリティについて詳しくは、キーボードで Slack を使いこなすを参照してください。または、スクリーンリーダーで Slack を使う方法を参照してください。


Slack の基本

Mac

Windows/Linux

アクション

ショートカット

新しいメッセージを作成する

N

ステータスを設定する

Shift Y

環境設定を開く**

,

左側のサイドバーを表示または非表示にする

Shift D

右側のサイドバーを表示または非表示にする

.

ファイルをアップロード

U

ダウンロードしたファイルをすべて表示する

Shift J

新しいスニペットを作成する

Shift Enter

メッセージに絵文字リアクションを追加する*

Shift`

Shift#

Shift\

Shift_

Shift¡

Shiftà

Shift

メンバーディレクトリを開く

Shift E

検索を開始する

G

現在の会話で検索する

F

全画面表示の切り替え

CtrlF

アクション

ショートカット

新しいメッセージを作成する

Ctrl N

ステータスを設定する

Ctrl Shift Y

環境設定を開く**

Ctrl ,

左側のサイドバーを表示または非表示にする

Ctrl Shift D

右側のサイドバーを表示または非表示にする

Ctrl .

ファイルをアップロード

Ctrl U

ダウンロードしたファイルをすべて表示する

Ctrl Shift J

新しいスニペットを作成する

Ctrl Shift Enter

メッセージに絵文字リアクションを追加する*

CtrlShift`

CtrlShift#

CtrlShift\

CtrlShift_

CtrlShift¡

CtrlShiftà

CtrlShift

メンバーディレクトリを開く

Ctrl Shift E

検索を開始する

Ctrl G

現在の会話で検索する

Ctrl F

全画面表示の切り替え

Ctrl Shift F

*このショートカットは、キーボードによって異なります。

**このショートカットは Slack デスクトップアプリのみで動作します。


会話とメッセージを移動する

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

別の会話へ移動する

K

T**

会話の最新の未読メッセージに移動する

J

前の未読チャンネルまたはダイレクトメッセージ(DM)に移動する

OptionShift 

次の未読チャンネルや DM に移動する

OptionShift

履歴に戻る

[

履歴に進む

]

スレッド画面を開く**

ShiftT

DM を閲覧する

ShiftK

メンション&リアクションを表示する**

ShiftM

ブックマークを表示する

ShiftS

チャンネルをブラウズする

ShiftL

会話の詳細を開く

ShiftI

フォーカスを次のセクションに移動する

F6

フォーカスを前のセクションに移動する

Shift F6

アクション

Windows/Linux

別の会話へ移動する

CtrlK

CtrlT**

会話の最新の未読メッセージに移動する

CtrlJ

前の未読チャンネルや DM に移動する

AltShift

次の未読チャンネルや DM に移動する

AltShift

履歴に戻る

Alt

履歴に進む

 Alt

スレッド画面を開く**

CtrlShiftT

ダイレクトメッセージを一覧表示する

CtrlShiftK

メンション&リアクションを表示する**

CtrlShiftM

ブックマークを表示する

CtrlShiftS

チャンネルをブラウズする

CtrlShiftL

会話の詳細を開く

CtrlShiftI

フォーカスを次のセクションに移動する

F6

フォーカスを前のセクションに移動する

Shift F6

**このショートカットは Slack デスクトップアプリのみで動作します。


メッセージを未読・既読にする

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

現在の会話のメッセージすべてを既読にする

Esc

すべてのメッセージを既読にする

Shift Esc

メッセージを未読にする

Option Click

アクション

Windows/Linux

現在の会話のメッセージすべてを既読にする

Esc

すべてのメッセージを既読にする

Shift Esc

メッセージを未読にする

AltClick


未読メッセージ間を移動する

Slack で見逃した情報を確認するために、次のショートカットを使って全未読画面を移動できます。

Mac

Windows/Linux

アクション

ショートカット

全未読画面を開く

Shift A

メッセージ間を移動する

または

メッセージを未読にする

Option Click

メッセージをグループごとに未読にする

Esc

メッセージをグループごとに開くまたは折りたたむ

または

アクション

ショートカット

全未読画面を開く

Ctrl Shift A

メッセージ間を移動する

または

メッセージを未読にする

Alt Click

メッセージをグループごとに未読にする

Esc

メッセージをグループごとに開くまたは折りたたむ

または


ワークスペースを切り替える

複数のワークスペースにサインインしている場合は、ワークスペース間を切り替えることができます。

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

前のワークスペースに切り替える

Shift[

次のワークスペースに切り替える

Shift]

特定のワークスペースに切り替える(Slack デスクトップアプリの左側のサイドバーにあるワークスペースアイコンにカーソルを合わせて、つけられた番号を確認)

[number]

アクション

Windows/Linux

前のワークスペースに切り替える

CtrlShiftTab(Windows)

CtrlShift[(Linux)

次のワークスペースに切り替える

CtrlTab(Windows)

Ctrl](Linux)

ワークスペースを指定して切り替える(Slack デスクトップアプリの左側のサイドバーにある各ワークスペースアイコンの下につけられた番号を確認) Ctrl[number]


メッセージに対してアクションを実行する

メッセージにフォーカスを合わせると、次のワンキーキーボードショートカットを使ってすばやくアクションを実行できます。

アクション

 

送信済みのメッセージを編集する

E

送信済みのメッセージを削除する

削除する

スレッドを開始、またはスレッドに返信する

Tまたは

メッセージを共有する

S

メッセージをピン留めする / ピンを外す

P

メッセージをブックマークに登録する(またはブックマークから外す)

A

フォーカスされたメッセージの上部にあるすべてのメッセージを未読にする

U

メッセージのリマインダーを作成する

M

Tip :デフォルト設定では、メッセージフィールドから上矢印キー「↑」を押すと、最後に送信したメッセージを編集できます。この環境設定を調整して、「↑」を押すと、代わりに会話の最後に表示されているメッセージにフォーカスが移動するようにできます。


メッセージの書式設定

これらのショートカットキーを使う時は、必ずメッセージフィールド内にカーソルを移動させてください。

Mac

Windows/Linux

アクション

Mac

テキストを現在行の先頭まで選択する

Shift

テキストの現在行の最後まで選択する

Shift

改行する

ShiftEnter

選択したテキストを太字に設定する

B

選択したテキストを斜体に設定する

I

選択したテキストに取り消し線を設定する

ShiftX

選択したテキストにハイパーリンクを挿入する

ShiftU

選択したテキストを引用する

Shift9

選択したテキストをコード化する

ShiftC

選択したテキストをコードブロック化する

AltShiftC

選択したテキストを箇条書きリストに書式を変更する

Shift8

選択したテキストを番号付きリストに書式を変更する

Shift7

書式設定を元に戻す

Z

アクション

Windows/Linux

テキストを現在行の先頭まで選択する

Shift

テキストの現在行の最後まで選択する

Shift

改行する

ShiftEnter

選択したテキストを太字に設定する

CtrlB

選択したテキストを斜体に設定する

CtrlI

選択したテキストに取り消し線を設定する

CtrlShiftX

選択したテキストにハイパーリンクを挿入する

CtrlShiftU

選択したテキストを引用する

CtrlShift9

選択したテキストをコード化する

CtrlShiftC

選択したテキストをコードブロック化する

CtrlAltShiftC

選択したテキストを箇条書きリストに書式を変更する

CtrlShift8

選択したテキストを番号付きリストに書式を変更する

CtrlShift7

書式設定を元に戻す

CtrlZ

 

 

メッセージに絵文字リアクションを追加する*

CtrlShift`

CtrlShift#

CtrlShift\

CtrlShift_

CtrlShift¡

CtrlShiftà

CtrlShift

*このショートカットは、キーボードによって異なります。