Slack ワークスペースにアプリを追加する

誰がこの機能を利用できますか?

ワークスペースにアプリを連携させて毎日使用するツールやサービスを接続すれば、Slack から直接さまざまな作業を完了できるようになります。 

この機能でできること

  • デフォルトでは、Slack ワークスペースのメンバー全員がアプリをインストールできます。アプリをインストールすると、ワークスペースのメンバー全員が自分のアカウントを連携してそのアプリを使用できます。
  • ワークスペースのオーナーは、すべてのアプリで管理者による承認を要求するように、アプリの承認を有効にすることができます。メンバーは、ワークスペースのオーナーに承認された任意のアプリをインストールすることや、他のアプリの承認をリクエストすることができます。メンバーは、制限されたアプリをインストールしたり、承認をリクエストしたりできません。 

Tip :アプリについての詳細は、アプリについてを参照してください。


アプリをインストールする

  1. デスクトップから、左のサイドバー上部の 「App」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。
  2. アプリを検索して、「追加」をクリックします。Slack App ディレクトリに自動的に移動します。
  3. 「Slack に追加」をクリックします。
  4. 表示されるメッセージに従って、アプリをインストールします。 

注意 :アプリがすでにインストールされている場合は、代わりにアカウントを連携するように求められます。


アプリの承認リクエスト

デフォルトでは、アプリの承認機能がオンに設定されている場合、メンバーはアプリのインストールをリクエストすることができます。 

  1. デスクトップから、左のサイドバー上部の 「App」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。
  2. リクエストするアプリを検索して、「追加」をクリックします。Slack App ディレクトリに自動的に移動します。
  3. 「Slack に追加」をクリックします。
  4. リクエストについての詳細や背景を説明したカスタムメッセージを追加します。この手順は任意となっている場合もあれば、ワークスペースのオーナーによって必須とされている場合もあります。
  5. 「送信」をクリックしてリクエストを送信します。確認が完了すると、Slackbot からダイレクトメッセージ(DM)が届きます。

Tip :アプリのリクエストのオプションが表示されていない場合、ワークスペースのオーナーに問い合わせてください


アプリをアップデートする

アプリは、アプリが Slack でアクセスできる情報や、その情報をどのように使用できるかを決定する一連の権限のスコープを使用しています。開発者がアプリの動作に変更を加える場合、スコープを追加したり削除したりすることがよくあります。アプリの新しい機能を使うために、アプリの Slack への接続を再承認して新しいスコープの権限を許可する必要があるかもしれません。どのように動作するかは、ワークスペースでアプリの承認機能がオンに設定されているかどうかに依存します。

デフォルト

アプリの承認が必要です

ワークスペースのメンバーはアプリ開発者から提供されたインストールリンクを使って、アプリの新しいスコープを確認して承認できます。
  • 基本的に、メンバーはSlack App ディレクトリのアプリのページにある「Slack に追加」ボタンをクリックすることで、インストールリンクにアクセスできます。
  • 別のケースでは、アプリの開発者がインストールリンクをアプリのホームタブに入れていたり、アプリのユーザーにアップデートのお知らせとともにリンクを送ったりする場合があります。
ワークスペースのメンバーはアプリ開発者から提供されたインストールリンクを使って、アプリの承認をリクエストすることができます。
  • 基本的に、メンバーはSlack App ディレクトリのアプリのページにある「Slack に追加」ボタンをクリックすることで、インストールリンクにアクセスできます。
  • 別のケースでは、アプリの開発者がインストールリンクをアプリのホームタブに入れていたり、アプリのユーザーにアップデートのお知らせとともにリンクを送ったりする場合があります。

ワークスペースのオーナーまたはアプリ管理者がアプリの新しいスコープを確認して承認すると、メンバーなら誰でも、インストールリンクを使って、アプリのアップデートを完了できます。