ワークスペースのアプリインストール設定を管理する

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

デフォルトでは、Slack ワークスペースのどのメンバーでも、アプリをインストールしてサードパーティのサービスを Slack に接続できます。ワークスペースのオーナーによる承認は不要です。ワークスペースのオーナーには、メンバーによるアプリのインストール方法・使用方法を管理するために、以下のような選択肢があります。

注意 : アプリの承認機能が有効になると、アプリとインテグレーションを削除できるのはワークスペースのオーナーとアプリ管理者だけに限定されます。


アプリの承認を管理する

ワークスペースのオーナーは、アプリの承認機能をオンにして、ワークスペースでのアプリの承認と制限を行えます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリで、左側の列にある「アプリの管理設定」をクリックします。
  4. 「アプリの承認が必要」をオンまたはオフに切り替えます。


メンバーは、アプリの承認機能がオンになる前にワークスペースにインストールされていたアプリの使用を継続できます。特定のアプリをメンバーに使わせないようにするには、アプリをワークスペースから削除します

注意 : Org オーナーによってアプリ管理ポリシーが設定されている場合、Enterprise Grid のワークスペースのオーナーであれば、そのワークスペースでのアプリの承認機能が自動的にオンになっています。この機能をオフにすることはできませんが、アプリの承認と制限、メンバーによるアプリのリクエストを許可または制限すること、アプリのリクエスト送信先の管理が可能です。


アプリを承認する

ワークスペースのメンバーがアプリの承認リクエストを送信せずにアプリをインストールして使用できるよう、アプリを承認します。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。
  3. App ディレクトリから右上の 「検索」をクリックします。
  4. アプリを検索し、選択します。 
  5. アプリのページから「承認する」をクリックします。 


メンバーは、App ディレクトリ内の承認済みカテゴリーで承認済みのアプリを検索し、追加できます。


アプリを制限する

ワークスペースのメンバーがインストールできないようアプリを制限することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリから右上の「検索」をクリックします。
  4. アプリを検索し、選択します。
  5. アプリのページから、「制限する」をクリックします。 


制限されたアプリがワークスペースにインストール済みの場合、自分のアカウントをすでに接続しているメンバーはそのアプリを引き続き使用できます。制限されたアプリを使用できないようにするには、そのアプリを削除します


Slack 権限を使ったサインインを管理する

一部のサードパーティ製アプリには、Slack アカウントの認証情報でそれらのサービスにサインインできるオプションがあります。アプリの承認機能がオンになっている場合、デフォルトではメンバーが Slack アカウントを使ってほかのサービスにサインインできます。しかし、ワークスペースのオーナーは、「Slack でサインインする」の ID スコープを含むアプリに対して承認を必須に設定できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリで、左側の列にある「アプリの管理設定」をクリックします。 
  4. アプリの承認機能が有効になっていることを確認します。その後、「Slack でサインインするアプリの事前承認は不要」の横にあるボックスのチェックをオンまたはオフにします。 

Slack を使って別のサービスにサインインするためのリクエストがメンバーから送られると、ワークスペースのオーナーとアプリ管理者には、アプリの「Slack でサインインする」スコープを承認するようメッセージが表示されます。アプリでその他の機能も提供されている場合、別途アプリを承認する必要があります。 

注意 : ワークスペースで制限されているアプリについて、メンバーには「Slack でサインインする」権限をリクエストするためのオプションが表示されます。


メンバーによるアプリのリクエスト権限を管理する

アプリの承認機能がオンになっている場合、メンバーは未承認のアプリをインストールするためのリクエストを送信できます(そのアプリが制限されている場合を除く)。ワークスペースのオーナーは、以下のステップに従ってこの権限を管理できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリで、左側の列にある「アプリの管理設定」をクリックします。
  4. 「通常メンバーによる、アプリの承認リクエスト機能の利用を許可する」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。
  5. アプリのリクエストにコメントの入力を必須とするには、「各リクエストにつきメンバーによるコメントの入力を必須とする」の横にあるボックスのチェックをオンにします。 

注意 : メンバーはスラッシュコマンドなどのカスタムインテグレーションをリクエストすることもできます。カスタムインテグレーションが承認されると、リクエストを行ったメンバーのみがこれをインストールできます。


アプリリクエストの管理をサポートするメンバーを選択する

デフォルトでは、アプリのリクエストはすべて Slackbot からダイレクトメッセージ(DM)経由でワークスペースのオーナーに送られます。ワークスペースのオーナーは、以下の手順に従い、リクエストの確認をサポートするアプリ管理者を任命し、アプリのリクエストがチャンネルに送られるように設定できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリで、左側の列にある「アプリの管理設定」をクリックします。 
  4. 「アプリを管理するアプリ管理者を選択する」から「ワークスペースのオーナーと特定のメンバーまたはグループ」を選択します。次に、ドロップダウンメニューから特定のメンバーまたはユーザーグループを選択します。
  5. アプリのリクエストの送信先を管理するには、「アプリ管理者、Slackbot 経由」または「特定のチャンネル」を選択します。「特定のチャンネル」を選択した場合、ドロップダウンメニューを使ってチャンネルを指定します。 


アプリインストール設定を管理する

アプリの承認機能が有効かどうかに関係なく、ワークスペースのオーナーはワークスペースのアプリのインストール設定に関して次の 2 点を管理できます。 

  • Slack App ディレクトリのアプリのみを許可する
    メンバーが Slack App ディレクトリ以外からアプリをインストールできないよう制限します。
  • マルチチャンネルゲストは、スラッシュコマンドとショートカットを使用できる
    ワークスペース内のマルチチャンネルゲストに対して、スラッシュコマンドショートカットの使用を許可します。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。
  3. App ディレクトリで、左側の列にある「アプリの管理設定」をクリックします。
  4. 管理する設定のオン、オフを切り替えます。