ワークスペースのアプリインストール設定を管理する

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

デフォルトでは、メンバーなら誰でもワークスペースのオーナーからの承認なしにワークスペースへアプリをインストールできます。ワークスペースのオーナーは、アプリの承認を有効にすることで、メンバーが使用するアプリの事前承認、特定のアプリの制限、事前承認されていないアプリをメンバーがリクエストする権限の管理ができます。


アプリの承認を管理する

メンバーがワークスペースで使用するアプリを事前承認するには、ワークスペースのオーナーがアプリの承認を有効にする必要があります。この設定を管理するには、以下の手順に従ってください。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」を選択し、 「App 管理」 を選択して Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリからページ右上の 「管理」をクリックします。
  4. 画面左側にある 「アプリの管理設定」をクリックします。
  5. 「アプリを承認する」の設定をオンまたはオフにします。


この設定が有効になる前にインストールされたアプリは、メンバーによって引き続き使用可能となります。必要に応じて、メンバーがアクセスできないようアプリを削除することもできます。

注意 : OrG オーナーがアプリ管理ポリシーを設定している場合、その OrG のすべてのワークスペースでアプリの承認設定がオンになります。ワークスペースのオーナーがこの設定をオフにすることはできませんが、メンバーによるアプリのリクエストを許可するかどうかの設定と、それらリクエストの送信先を管理することができます。


アプリを事前承認する

ワークスペースのメンバーが承認をリクエストする必要なしにアプリをインストールして使用できるよう、アプリを事前承認します。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」を選択し、 「App 管理」 を選択して Slack App ディレクトリを開きます。
  3. App ディレクトリから右上の 「検索」をクリックします。
  4. アプリを検索し、検索結果の一覧から選択します。 
  5. アプリのページから「承認する」をクリックします。 


アプリを事前承認すると、メンバーは App ディレクトリの事前承認済みアプリのカテゴリーからアプリを探し、Slack に追加できるようになります。


アプリを制限する

ワークスペースのメンバーがインストールできないようアプリを制限することができます。

  1. App ディレクトリから右上の「検索」をクリックします。 
  2. アプリを検索し、検索結果の一覧から選択します。
  3. アプリのページから、「制限する」をクリックします。 


制限対象のアプリがすでにワークスペースにインストールされている場合は、ワークスペースからそのアプリを削除しない限り、メンバーはアプリの使用を継続することができます。


メンバーによるアプリのリクエスト権限を管理する

アプリの承認が有効に設定されている場合、メンバーは事前承認または制限されていないアプリの承認をリクエストすることができます。ワークスペースのオーナーはこの設定を管理でき、アプリのリクエストを Slackbot からのダイレクトメッセージ (DM) で送信するか、チャンネルに送信するかを選択できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」を選択し、 「App 管理」を選択して Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリからページ右上の 「管理」をクリックします。
  4. 画面左側にある 「アプリの管理設定」をクリックします。
  5. 「通常メンバーによる、アプリの承認リクエスト機能の利用を許可する」の項目のボックスをチェックする、またはチェックを外します。メンバーによるアプリのリクエストを許可する場合、リクエストを Slackbot の DM 経由で送信するか、チャンネルに送信するかを選択します。 
  6. アプリのリクエスト送信時にコメントの入力を必須とするには、「アプリの承認リクエストの送信時にコメントの入力を必須とする」の項目のボックスをチェックします。 

注意 : メンバーはスラッシュコマンドなどのカスタムインテグレーションをリクエストすることもできます。カスタムインテグレーションが承認されると、リクエストを行ったメンバーのみがこれをインストールできます。


アプリリクエストの管理をサポートするメンバーを選択する

デフォルトでは、アプリのリクエストはワークスペースのオーナー全員に送信されます。ワークスペースのオーナーは、メンバーをアプリ管理者として任命し、リクエストの確認をサポートしてもらうことができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」を選択し、 「App 管理」を選択して Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. App ディレクトリからページ右上の 「管理」をクリックします。
  4. 画面左側にある 「アプリの管理設定」をクリックします。 
  5. 「アプリのインストール承認と管理ができるメンバー」の項目で「ワークスペースのオーナーと特定のメンバーまたはグループ」を選択します。 
  6. 次に、ドロップダウンメニューから特定のメンバーまたはユーザーグループを選択します。


アプリインストール設定を管理する

アプリの承認設定が有効であるかどうかに関係なく、ワークスペースのオーナーはワークスペースのアプリのインストール設定において以下の 3 点を管理できます。 

  • Slack でサインインする
    メンバーに Slack のアカウント認証情報を使った他のアプリへのサインインを許可します。
  • Slack App ディレクトリのアプリのみを許可する
    メンバーが Slack App ディレクトリ以外からアプリをインストールできないよう制限します。
  • マルチチャンネルゲストは、スラッシュコマンドとアクションを使用できる
    ワークスペース内のマルチチャンネルゲストに対して、スラッシュコマンドアクションの使用を許可します。

これらの設定の管理は次の手順で行います :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから 「その他管理項目」を選択し、 「App 管理」を選択して Slack App ディレクトリを開きます。
  3. App ディレクトリからページ右上の 「管理」をクリックします。  
  4. 画面左側にある 「アプリの管理設定」をクリックします。
  5. 管理したい設定項目の横にあるスイッチをオンまたはオフに切り替えます。