アカウントのアクセスログを表示する

自分のアカウントへの不正アクセスが心配な時や、 共有の端末で Slack からサインアウトするのを忘れた時などは、アクセスログで、普段とは違う疑わしいアクティビティを簡単にチェックできます。

アクセスログで確認できる内容 

  • 新たにログインした日時
  • アカウントにアクセスした各端末の IP アドレス
  • アカウントにアクセスした端末の一覧


アクセスログを表示する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「プロフィールを表示する」を選択して、右側にプロフィールを開きます。
  3. プロフィール画像の下の (3 つのドットアイコン) をクリックし、「アカウント設定」をクリックします。
  4. アカウント設定ページで、右上の「アクセスログ」をクリックしてログを表示します。ログをダウンロードするには、「アクセスログをダウンロードする」をクリックします。


普段とは違う疑わしいアクティビティがあれば、アカウント設定ページに戻り、「この端末以外からサインアウト」を選択します。

注意 : スタンダード、プラス、Enterprise Grid の各プランのオーナーと管理者は、すべてのメンバーのアクセスログを確認することができます。


アクセスログのエントリを理解する

Slack に接続して頻繁に使っている間は、1 時間に一度、新しいエントリが記録され、アクセスログに追加されます。次のいずれかの操作を行うと、新しいエントリが作成されます。

  • アカウントにサインインする
  • コンピューターやモバイル端末で Slack アプリを開く
  • デスクトップかモバイル端末を使って一意の IP アドレスでサインインする
この機能を使えるのは誰?
  • メンバーゲスト
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン