ワークスペースからアプリとカスタムインテグレーションを削除する

アプリとカスタムインテグレーションの削除方法は、それらの作成者と設定方法により異なります。削除する際に知っておくべきことすべてを以下の便利なガイドにまとめました。

基本

  • サードパーティ製アプリ、Slack 製アプリ、ワークスペーストークンアプリ
    これらのアプリは、 ワークスペースからの完全な削除に加え、個別の連携許可 (サードパーティ製アプリ) や設定 (Slack 製アプリ) を無効にすることができます。ワークスペーストークンアプリはレガシーフレームワークで開発されているため、Slack からの削除方法は少し異なります。
  • カスタムインテグレーション
    ワークスペース全体からカスタムインテグレーションを削除するか、個別の設定を無効にすることができます。
  • 権限
    ワークスペースのオーナーは、アプリとインテグレーションを管理できるメンバーを制限する よう設定することができます。削除のオプションが見当たらない場合は、オーナーや管理者に変更をお願いしましょう。

注意 : プライベートチャンネルからアプリやインテグレーションを削除できるのは、それらを追加したユーザーのみです。

 

アプリを削除する

アプリを削除する

設定や許可を無効にする

サードパーティ製のアプリと Slack 製のアプリ

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリ にアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列のリストから 「App」 をクリックします。
  4. 削除するアプリを見つけて選択します。
  5. サードパーティ製アプリ :
    「アプリケーションを削除する」までスクロールダウンし、「アプリを削除する」を選択します。

    Slack 純正アプリ :

    •   (鉛筆のアイコン) をクリックし、「削除する」を選択します。(設定された内容が一種類のみの場合には、鉛筆のアイコンは表示されません。「削除する」をクリックします。)

ワークスペーストークンアプリ

Asana、GitHub、Slack Foundry、Sentry、Zendesk のアプリはいずれもレガシーフレームワークを使用して開発されました。ワークスペースからのこれらのアプリのアンインストールは以下の手順で行います。

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリ にアクセスします。
  2. 削除するアプリを検索します。
  3. 対象のアプリのページで、 「設定」をクリックします。
  4. メニューから、 「ワークスペースへのアクセス」を選択します。
  5. 「アプリをアンインストールする」をクリックします。
  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリ にアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列のリストから 「App」 をクリックします。
  4. 設定を変更したいアプリを見つけて選択します。
  5. サードパーティ製アプリ :
    「許可」から、無効にしたい設定のとなりの (ごみ箱アイコン) をクリックします。

    Slack 製アプリ :

     (鉛筆のアイコン) をクリックし、右上の 「無効にする」を選択します。


カスタムインテグレーションを削除する

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリ にアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列から、「カスタムインテグレーション」を選択します。
  4. 削除したいカスタムインテグレーションを見つけて選択します。
  5. 変更したい設定のとなりの  (鉛筆のアイコン) をクリックします。
  6. 「削除する」をクリックして設定を削除します。または、「無効にする」をクリックしてオフにすることもできます。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • デフォルトでは、ゲスト以外のメンバー全員
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プランで利用できます。