メンバーのプロフィールへのリンクを作成する

従業員ディレクトリやイントラネットで共有できるカスタムリンクを作成すると、チームメンバーのプロフィールを社内の他のメンバーが直接参照できるようになります。このリンク(ディープリンクとも呼ばれる)は、ワークスペースへのアクセス権があるメンバーの Slack だけで開けます。

プロフィールにリンクを設定することで、Slack でのメンバー探しがさらに簡単になります。以下のような場所でリンクを共有し、顔と名前を結びつければ、業務がスムーズになります。

  • 社内の従業員ディレクトリ
  • メールの署名
  • ニュースレターの更新 


DM やプロフィールへのリンクを作成する 
 

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースの URL とメンバーのユーザー ID を組み合わせてリンクを作成する手順は以下のとおりです。

  1. リンクの最初の部分はークスペースの URL となります。例えば、https://acmeco.slack.com としましょう。
  2. リンクの次の部分はメンバーのーザー ID となります。複数のメンバーのユーザー ID は、users.list API メソッドを利用して見つけます。また、個々のメンバーのユーザー ID はメンバーのプロフィールにある  (その他ボタン)をクリックすると見つけられます。その後、メンバー ID をコピーしてください。
  3. ワークスペースの URL の最後にユーザー ID を挿入します。例えば、https://acmeco.slack.com/team/U1H63D8SZ のようになります。

    以上です!どこにでも使えるメンバーのプロフィールへのリンクが作成できました。

OrG の URL とメンバーの OrG レベルのユーザー ID を組み合わせてリンクを作成する手順は以下のとおりです。

  1. リンクの最初の部分は OrG の URL となります。例えば、URL は https://acmeorg.enterprise.slack.com としましょう。
  2. リンクの次の部分はメンバーの OrG レベルのーザー ID となります。複数のメンバーのユーザー ID は、SCIM GET /Users API メソッドを利用して見つけます。また、個々のメンバーのユーザー ID はメンバーのプロフィールにある  (その他ボタン)をクリックすると見つけられます。その後、メンバー ID をコピーしてください。
  3. OrG の URL の最後にユーザー ID を挿入します。例えば、https://acmeorg.enterprise.slack.com/user/@W1H63D8SZ のようになります。

    以上です!どこにでも使えるメンバーのプロフィールへのリンクが作成できました。
この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー/管理者と OrG のオーナー/管理者 
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン