チャンネルとは?

Slack では、チームの仕事もコミュニケーションもチャンネル上で行います。チャンネルは、メッセージ、ツール、ファイルを一つに集めてチームで共有する場所です。ここでは、チャンネルの作成と使い方、チャンネルを使ったチームのコラボレーションの方法を詳しく紹介します。

チャンネルの特長

  • チーム別、プロジェクト別など、ニーズに合わせて自由に作成できます。
  • メンバーは必要に応じてチャンネルに出入りできます。
  • スレッドは、一つのテーマについて検討したりコメントしたりする時に便利です。


チャンネルを作成する

チャンネルには、編成方法も、ワークスペース内で作成できる数にも制限はないので、適宜作っておきましょう。チャンネルは、フリー、スタンダード、プラス、Enterprise Grid のすべてのプランで利用できます。

 パブリックチャンネル

  • メンバー全員が参加できる公開チャンネル。投稿された内容はすべて誰でも検索できます。
  • デフォルトではゲスト以外、ワークスペースのメンバーなら誰でもパブリックチャンネルを作成できますが、ワークスペースのオーナーがこの設定を変更し、チャンネルの作成権限を特定のメンバー種別だけに限定することもできます。


 プライベートチャンネル

  • 全メンバーに公開すべきでないディスカッションのためのチャンネル。閲覧と参加には招待が必要です。
  • デフォルトでは、ゲストを含むワークスペースのメンバーなら誰でもプライベートチャンネルを作成できますが、ワークスペースのオーナーがこの設定を変更し、チャンネルの作成権限を特定のメンバー種別だけに限定することもできます。


 共有チャンネル

  • 共有チャンネルを使うと、異なる2つの組織がそれぞれの Slack ワークスペース内からひとつのチャンネル内で共同作業を行うことができます。共有チャンネルはパブリックにもプライベートにも設定できますが、有料プランでのみ利用可能となっています。
  • スタンダード、プラス、Enterprise Grid の各プランで外部の取引先やパートナーとのコラボレーションのために利用できます。 共有チャンネルを作成できるのは、これらのプランのワークスペースのオーナーと管理者のみです。


 マルチワークスペースチャンネル

  • マルチワークスペースチャンネルは、Enterprise Grid オーガナイゼーション内の別々のワークスペースをつなげる役割を果たします。パブリックとプライベートのどちらにも設定できますが、Enterprise Grid プランでのみ利用できるチャンネルです。
  • Enterprise Grid では、OrG 内で OrG のオーナーと管理者がマルチワークスペースチャンネルを作成することも、他のメンバーに作成を許可することもできます。


チャンネルに参加する

参加方法は、チャンネルの種類によって異なります。

 パブリックチャンネル

 プライベートチャンネル

 共有チャンネル

  • 参加方法は、パブリックかプライベートかによって異なります。

 マルチワークスペースチャンネル

  • 参加方法は、パブリックかプライベートかによって異なります。


チャンネルを使用する

ワークスペースには必要に応じてチャンネルを作成できますが、Slack を最大限に活用するためにも、チャンネルガイドラインを用意し、ワークスペースに合ったベストプラクティスに従うことをおすすめします。

ガイドライン


ベストプラクティス