チャンネルから自社または他社のオーガナイゼーションを外す

社外のメンバーと簡単に連携できるのが Slack コネクトの魅力です。プロジェクトが終了すると、特定のチャンネルで共同作業をする必要がなくなることがあります。他社がチャンネルを所有している場合は自分のオーガナイゼーションを外すことができ、自社でチャンネルを所有している場合はほかのオーガナイゼーションを外すことができます。

この機能でできること

  • チャンネルを所有する会社では、引き続きチャンネルを使用できます。チャンネルから外された、またはチャンネルから自分のオーガナイゼーションを外した場合、そのオーガナイゼーションにはチャンネルの内容のコピーがアーカイブとして保管されます。
  • 他社のメンバーによってチャンネルに追加されたファイルには、アクセスできなくなります。
  • ほかにチャンネルを少なくとも 1 つ共有している限り、ご自身の会社のメンバーは引き続きダイレクトメッセージ(DM)でチャンネル共有先のメンバーとやり取りできます。どのチャンネルも共有していない場合、メンバーはダイレクトメッセージでやり取りできるようにお互いを招待できます。

Tip :やり取りしているオーガナイゼーションとの Slack での会話をすべて終了するために、連携を解除する方法を学びましょう

チャンネルからオーガナイゼーションを外す

  1. 自社または他社のオーガナイゼーションを外すチャンネルをデスクトップで開きます。
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  3. 「設定」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクト」にカーソルを合わせ、「編集」をクリックします。
  5. 外したいオーガナイゼーションにマウスポインターを合わせ、 (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  6. 「外す」をクリックし、「オーガナイゼーションを外す」をクリックして確定します。

注 :ご自身の会社がチャンネルを所有している場合、外したいオーガナイゼーションごとに、上記の手順を繰り返します。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー / 管理者と権限を持つメンバー(プロプランとビジネスプラスプラン)、OrG オーナー / 管理者と権限を持つメンバー(Enterprise Grid プラン)
  • 有料プランでご利用いただけます。