ワークフロービルダーのアクセスと権限を管理する

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者 と OrG のオーナー/管理者
  • 有料プランでご利用いただけます。

ワークフロービルダーは、Slack で定型的なプロセスを自動化できるツールです。コーディングの必要はありません。デフォルトでは、すべてのメンバー(ゲストを除く)がワークフロービルダーにアクセスして、カスタムワークフローを作成できます。

設定による影響


ワークフロービルダーへのアクセスを管理する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、ワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。ワークスペースのオーナーと管理者は、必要に応じてアクセスを特定のユーザーに制限できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。
  4. 「ワークフローの作成」の横にある 「開く」をクリックします。
  5. ワークフローの作成ができるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「Also include specific users and groups(特定のユーザーとグループも含める)」の横のチェックボックスをオンにして、特定のメンバーまたはユーザーグループにアクセス権を付与できます。
  6. 「保存する」をクリックします。 

注意 :メンバーのワークフロービルダーへのアクセス権を取り消しても、そのメンバーはアクセスできなくなる前に作成したワークフローを管理できます。 

デフォルトでは、Enterprise Grid OrG のメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。OrG オーナーと OrG 管理者は、OrG のワークフロービルダーを無効にするか、OrG ポリシーを設定して、OrG のどのメンバーがワークフロービルダーにアクセスできるかを管理できます。 

注意 :ワークフロービルダーが有効で、OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、管理しているワークスペースの作成を制限できます。 

ワークフロービルダーを有効または無効にする

Org のワークフロービルダーを有効または無効にするには、次の手順を使用します。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、 「設定」をクリックし、次に「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. ワークフロービルダーの横にある「有効にする」または 「無効にする」を選択します。その後、「有効にする」または 「無効にする」をクリックして確定します。

ワークフロービルダーが無効になる前に作成されたワークフローはいずれも引き続きアクティブであり、誰でも使用できます。メンバーがワークフローを起動できないようにするには、自分自身をワークフローのコラボレーターとして追加してワークフローを削除(または既存のコラボレーターにこれを依頼)してください。


ワークフローの作成に関する OrG ポリシーを設定する

ワークフロービルダーが有効になると、OrG のオーナーと管理者は OrG ポリシーを設定して、ワークフローを作成できるメンバーを管理することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。 
  5. 「ワークフローの作成」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。 
  6. ワークフローの作成ができるメンバーを選択します。「任意のオーナーと管理者」または「OrG オーナーと管理者」を選択した場合は、「以下の特定のユーザーも含めます」の横のボックスにチェックを入れて、特定のメンバーにアクセス権を付与できます。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。 

ワークスペースのワークフローの作成を管理する

ワークフローの作成に関する OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークフローの作成をワークスペースの特定のメンバーに制限できます。 

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」をクリックします。
  4. 「ワークフローの作成」の横にある「開く」をクリックします。 
  5. ワークフローの作成ができるメンバーを選択します。「任意のオーナーまたは管理者」を選択した場合は、「Also include specific users and groups(特定のユーザーとグループも含める)」の横にあるチェックボックスをオンにして、特定のメンバーまたはユーザーグループにアクセス権を付与できます。
  6. 「保存」をクリックします。 


ワークフロー機能へのアクセスを管理する

注意 :プロプランとビジネスプラスプランでは、これらのワークフロー機能をデフォルトで利用できます。Enterprise Grid プランでは、これらの機能は、OrG のオーナーまたは管理者が有効にしている場合にのみ利用できます。

オーナーと管理者は、特定のワークフロービルダー機能へのアクセスを管理できます。

  • Webhook を使用したワークフローの作成
  • CSV ファイル形式でのワークフローのフォームデータのダウンロード
  • ワークフローでのアプリのステップの使用

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と権限」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。 
  3. ページ上部の「権限」タブをクリックします。 
  4. アクセスを管理したい機能の横にある「開く」をクリックします。その後、ボックスにチェックを付けるか外します。 
  5. 「保存する」をクリックします。 

ワークフロー機能アクセスポリシーを設定する

OrG オーナーと OrG 管理者は、ワークフロー機能へのアクセスを管理するための OrG ポリシーを設定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択して、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。 
  3. 左側のサイドバーで、 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。 
  4. 「権限」タブをクリックします。 
  5. 設定するポリシーの横にある「ポリシーの追加」をクリックします。 
  6. 表示される内容に従って 「ポリシーを保存する」を選択します。「ポリシーを作成する」をクリックして確定します。 

ワークスペースのワークフロー機能へのアクセスを管理する

ワークフロー機能にアクセスするための OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、管理しているワークスペースへのアクセスを決定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。 
  3. 「権限」をクリックします。 
  4. 管理したいワークフロービルダーの権限の横にある「開く」をクリックします。 
  5. 必要な変更を加えて「保存」をクリックします。 


公開されたワークフローを確認する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースのメンバーが作成・公開したワークフローすべてを表示することができます。

注意 :現時点では、OrG のオーナーと管理者は Enterprise Grid OrG で作成されたすべてのワークフローを表示できるわけではありません。ワークスペースでのワークフローすべてを表示できるのは、そのワークスペースのオーナーまたは管理者のみとなっています。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 確認したいワークフローの横にある (3 つのドットアイコン)をクリックします。続けて、「表示」を選択します。

 

公開されたワークフローを管理する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内のどのワークフローでも、自分自身をコラボレーターとして追加できます。ワークフローのコラボレーターは、ワークフローのステップを編集して、必要に応じて名前の変更、公開停止、削除を行うことができます。 

自分自身をコラボレーターとして追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「公開されている全てのワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横の (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  5. 「編集」を選択し、「自分を追加する」をクリックしてコラボレーターとして追加します。

注意 : ワークフローで自身をコラボレーターとして追加すると、既存のコラボレーターに Slackbot から通知が届きます。

ワークフローを管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面上部の「自分のワークフロー」タブをクリックします。
  4. 管理したいワークフローの横にある (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  5. メニューからオプションを選択し、変更内容を保存するかアクションを確定します。

Tip :コラボレーター全員がワークスペースから退会し、不在となった場合には、ワークスペースのオーナーや管理者がコラボレーターとして自身を追加してワークフローを管理することができます。