Slack で情報バリアを作成する

デフォルトでは、Enterprise Grid オーガナイゼーションのメンバー全員が、オーガナイゼーション内でのダイレクトメッセージ(DM)の送信と、ほかのメンバーへの通話ができます。特定のメンバー同士が DM を送信したり、通話したりできないようにするには、IDP グループ間に情報バリアを作成します。これにより、オーガナイゼーションは利益相反を回避して、機密情報を安全に保護できます。

この機能でできること

  • メンバーには、参加が禁止されている会話に情報バリアがあることを知らせるメッセージが表示されます。
  • 会話において、メンバー間に情報バリアが作成されると、既存の DM は読み取り専用になります。2 人以上の参加メンバーの間にバリアがある場合、新しい DM と Slack コールはブロックされます。
  • Slack で情報バリアを作成する前に、バリアを作成するグループを IDP で設定する必要があります。
  • バリアが作成された IDP グループのメンバー同士が、同じワークスペースや同じチャンネルに参加している場合、パブリックチャンネルとプライベートチャンネルで引き続きやり取りできるようになります。

はじめる準備はできましたか?はじめる準備はできましたか?オーガナイゼーションの情報バリアを有効にするには、Slack のサポートチームにお問い合わせください。


情報バリアを作成する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの  セキュリティ」をクリックし、続けて「Information Barriers(情報バリア)」を選択します。
  4. 「Create Barrier(バリアを作成)」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、プライマリーグループを選択します。
  6. 「Barriered From(バリアの対象 :)」で、プライマリーグループに連絡できないようにする IDP グループの名前を入力します。提示された選択肢のリストからグループを選択します。必要な数のグループに対して、この手順を繰り返します。提示された選択肢のリストからグループを選択します。必要な数のグループに対して、この手順を繰り返します。
  7. 「保存」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • OrG オーナー
  • Enterprise Grid プランで利用可能