参加・退出メッセージを管理する

Slack では、他のメンバーにチャンネルへの参加状況を知らせるため、メンバーがチャンネルに参加したり退出した際にメッセージが表示されます。 ワークスペースのオーナーと管理者は、これらのメッセージを管理し、必要に応じてオフにすることもできます。

Screen_Shot_2019-05-31_at_12.22.57_PM.png


参加・退出メッセージの仕組み

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトの設定では、メンバーが参加・退出するとメッセージが表示されるようになっています。これは少人数のグループには便利な機能ですが、大人数のグループでは煩わしく感じるかもしれないので、非表示にした方がいいでしょう。ワークスペースのオーナーや管理者は、以下の手順でワークスペースの参加・退出メッセージを管理できます。 

参加・退出メッセージを管理する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 「参加・退出メッセージ」項目までスクロールダウンしたら 「開く」をクリックします
  4. 「メンバーがチャンネルに参加したり退出した際に、メッセージを表示する」の横のボックスにチェックを付けるか外します。 
  5. 「保存」 をクリックします


参加・退出メッセージをオフにすると?

👀メッセージが表示される場合 

  • メンバーの誰かがパブリックまたはプライベートチャンネルに参加した時
  • メンバーの誰かがプライベートチャンネルから退出した時


🙈メッセージが表示されない場合

  • メンバーの誰かがメンバー数が20人以上のパブリックチャンネルに参加した時
  • メンバーの誰かがパブリックチャンネルから退出した時 
  • メンバーのアカウントが解除された場合 
Enterprise Grid では参加・退出メッセージの管理はできません。


👀メッセージが表示される場合

  • メンバーの誰かが20 名未満のメンバーが参加しているパブリックチャンネル、または100 名未満のメンバーが参加しているプライベートチャンネルに参加した時。
  • メンバーの誰かがプライベートチャンネルから退出した時


🙈メッセージが表示されない場合

  • メンバーの誰かが20 名以上のメンバーが参加しているパブリックチャンネル、または100 名以上のメンバーが参加しているプライベートチャンネルに参加した時。
  • メンバーの誰かがパブリックチャンネルから退出した時 
誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーワークスペースの管理者
  • フリースタンダード、 プラス の各プラン