チャンネルやワークスペースに通知できるメンバーを管理する

デフォルトでは、すべてのメンバーが、@channel@here@everyone のメンションを使用してチャンネルやワークスペースに通知できます。必要に応じて、オーナーと管理者は、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションでこれらの設定を調整できます。

利用できる権限

  • オーナーは、@channel@here を使用できるメンバーを選択できます。
  • オーナーは、#general チャンネル@everyone を使用できるメンバーを選択できます
  • オーナーと管理者は、メンバー数が 6 人以上のチャンネルでメンバーが @channel@here@everyone を使用した時に、警告メッセージを表示するかどうかを選択できます。


メッセージに関する権限を管理する

これらの権限は、特定のチャンネルではなく、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG 全体に適用されます。

フリープラン、プロプラン、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージ」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、設定を選択します。
  6. 「保存する」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーは、以下の手順に従って、OrG のすべてのワークスペースにポリシーを設定することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの  「設定」をクリックして、その後「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」タブをクリックします。
  5. 「メッセージングの制限」の横にある「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. ドロップダウンメニューを開いて、設定を選択します。
  7. 「ポリシーを保存する」をクリックし、「ポリシーの作成」を選択して確定します。

ワークスペースレベル

OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者は、以下の手順に従ってメッセージングの権限を変更できます。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「メッセージ」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、設定を選択します。
  6. 「保存する」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーOrG オーナーは、この機能の権限を設定できます。ワークスペースの管理者はこの機能の一部にアクセスできます。
  • すべてのプランで利用できます