チャンネルの管理権限を設定する

ワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションのオーナーは、チャンネルの作成アーカイブを行ったり、チャンネルからメンバーの削除ができる人を制限することができます。


チャンネル管理権限を変更する

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーはチャンネルの管理権限を設定できます。リマインダー設定の手順は以下の通りです :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」 タブをクリックします。
  4. 「チャンネル管理」の横の「開く」をクリックします。
  5. メニューから、チャンネルの作成やアーカイブ、チャンネルからのメンバーの削除ができるメンバーを選びます。
  6. 保存 をクリックして終了です。

注意 :  OrG レベルで設定されたチャンネル管理権限はすべて、ワークスペースレベルの設定に優先して適用されます。

OrG レベル

OrG オーナーは、以下の方法で OrG 全体のチャンネル管理権限を設定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの「設定」を選び、「オーガナイゼーションポリシー」を選択します。
  4. 「権限」をクリックします。
  5. 「チャンネルの管理制限」の横にある「開く」をクリックします。
  6. チャンネルの作成やアーカイブ、チャンネルからのメンバーの削除ができる人を設定します。
  7. 「ポリシーを保存する」を押したあと、「ポリシーを確定する」をクリックします。

ワークスペースレベル

OrG オーナーがチャンネル管理についての OrG ポリシーを設定していない場合は、ワークスペースのオーナーがワークスペースのチャンネル管理権限を設定できます。リマインダー設定の手順は以下の通りです :

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」 タブをクリックします。
  4. 「チャンネル管理」の横の「開く」をクリックします。
  5. メニューから、チャンネルの作成やアーカイブ、チャンネルからのメンバーの削除ができるメンバーを選びます。
  6. 保存 をクリックして終了です。

Tip : チャンネル名のガイドラインを作成すれば、トピックに適したチャンネルを作って情報を仕分けることができ、ワークスペース内でのチャンネルの目的もはっきりします。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーOrG のオーナー
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン