セッションの有効期限の管理

セキュリティを強化するため、メンバーがデスクトップで Slack にサインインしている時間(セッションの有効期限)を制限できます。セッションの有効期限を設定すると、メンバーは定期的に再ログインしなければならなくなります。⏳

注意 : セッションの有効期限設定は Slack デスクトップアプリとウェブブラウザからの利用にのみ適用されます。セッションの有効期限設定が設定されている場合、メンバーは Slack モバイルアプリからサインアウトされません。

セッションの有効期限を設定する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」をクリックします。 
  4. 「セッションの有効期限」の隣の「展開する」をクリックします。
  5. メンバーに再ログインを要求するまでの経過時間を選択します。
  6. 「保存する」をクリックします。

注 :プロプランまたはビジネスプラスプランでセッションの有効期限に変更を加えた場合、変更内容はメンバーが各自その時のセッションを終了し、Slack に再ログインした際に適用されます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左のサイドバーの 「セキュリティ」をクリックし、続けて「セキュリティの設定」を選択します。
  4. 「セッションの有効期限」の隣の「有効にする」をクリックします。
  5. メンバーに再認証を要求するまでの経過時間を選択します。
  6. 「有効にする」をクリックします。

注 :Enterprise Grid プランでセッションの有効期限を変更した場合、ただちに有効になります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー/管理者OrG オーナー/管理者
  • 有料プランでご利用いただけます。