Slack での Incoming Webhook の利用

Incoming Webhook は、外部ソースからの情報を簡単にワークスペースと共有する方法です。

 

簡単に説明すると:

  • 選択したチャンネルにデータを送信します。
  • Webhook メッセージを書式設定してチャンネルの他の沢山のメッセージから目立たせるようにします。
  • メッセージテキストとその他のオプションを含む JSON ペイロードの HTTP リクエストを送信できます。

Tip : ワークフロービルダーを使用して Webhook を Slack に追加する方法の詳細は、「Webhook を使用してワークフローを作成する」を参照してください。 


Incoming Webhook の設定

  1. メッセージを投稿するワークスペースで新しい Slack アプリを作成します。
  2. 「機能」ページで「Incoming Webhook をアクティブにする」をオンにします。
  3. 「新しい Webhookをワークスペースに追加する」をクリックします。
  4. アプリの投稿先となるチャンネルを選択して 「許可する」をクリックします。
  5. Incoming Webhook URL を使用して Slack に投稿します。 

注意 : Incoming Webhook の使い方の詳細については、Slack API ドキュメンテーションを参照してください。 

 

メッセージのオプション

Incoming Webhook を使えば、役立つコンテンツやリンクを添付してメッセージを充実させることができます。画像、ウェブサイトや関連する各種データなどを追加することで、チームにとってより役立つメッセージにすることができます。